出雲大社「神馬の像」の由来や歴史・寄進した人物は想定外!その意外なご利益とは?

スポンサードリンク

出雲大社「神馬の像」の由来や歴史・寄進した人物は想定外!これは参った!そのご利益とは?

出雲大社「神馬」の由来・歴史・意味

出雲大社では境内の「神牛の像」の真横に「馬の像」が並んでお祀りされています。

この「馬の像」、ちょ〜っとしたこんな由来や歴史がお馬さんなんですわ。

出雲大社の「馬の像」は4番目の銅鳥居とほぼ同じ時期に出雲大社に贈られた?

この馬の像は、この4番目の銅鳥居と、ほぼ同時期である1667年(寛文7年)に、「周防(すおう)国」と「長門(ながと)国」つまりは現在の山口県を支配していた藩主「毛利綱廣公(もうりつなひろ/綱広)」が 出雲大社に寄進したと伝えられています。

また、地元・出雲では、別名で「かねうまさん」とも呼ばれ親しまています。

この像は上記、「毛利綱広」が、京都の名工である「名越弥七朗(なごしやひちろう)」に依頼して作らせたと伝えられています。

しかし、名越弥七朗は毛利綱広から、この注文を受けた時、有り難い気持ちと同時に真剣に悩んだそうです。

弥七朗が悩んだ理由とは、毛利綱広が注文した時、ちょうど「名越弥七朗」の妻が妊娠していたからです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






出雲大社の「神馬の像」のご利益と・・出産は【ケガレ】??

名越弥七朗が妻の妊娠で悩んだ理由とは、神社では古くからの言い伝えで「出産は【けがれ】」と云われていたためです。

よって、妻が出産をしてしまうと毛利綱広からの注文を受けることが、できなくなってしまうと考えたからです。

困った弥七朗は、とりあえず毛利綱広からの注文を受けることにします。

そこで色々と考えた挙句、弥七朗は夜な夜な作業が終わると1人で出雲大社へ訪れ、大国主大神の御神座を前にして、このようにつぶやきながら捧げ続けたのです。

『どうか、今一度、妻の出産の時期が遅れますように・・』

こうして連日にも及ぶ、弥七朗の祈りが通じたのか、弥七朗の妻の出産は遅れることに成功したのです。

そして見事な「馬の像」が完成したという話です。

しクぁし!この話はこれだけでは終わりません!

なんとぉぅ!その後に生まれた弥七朗の子は「すくすくと元気に育つ、当時では珍しいほどの健康で丈夫な子」に育ったとのこと。

その上、通常の出産よりも約3ヶ月も遅れて生まれて来た子だったにも関わらず、安産だったということです。

これらの事から「神馬」は子宝・安産の御利益があると言われるようになったとのことです。

ちゃんちゃん‥‥ハッピーエンドぉ〜〜  イェい!!!ヒぃぃぃぃぃぃぃぃゃっほぉ〜ぃ!!

神馬の像が置かれている場所(地図)

神馬の銅像は、境内(けいだい)御垣内の出入口にあたる銅鳥居(4番目の鳥居)をくぐった左脇にあります。

牛と馬の像が出雲大社で崇められていた?!「牛と馬の像の由来・歴史・意味」

真隣りには神馬の銅像も置かれています。

神馬の像の関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ