出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・神楽殿(KAGURADEN)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・神楽殿(KAGURADEN)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・神楽殿(KAGURADEN)

創建年

  • 1981年(昭和56年)
神楽殿の建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 妻入り
神楽殿の広さ

  • 約畳270枚分
神楽殿の「大しめ縄」の大きさ・重さ・長さ

  • 長さ:約13.6メートル
  • 直径(太さ):約8メートル(もっとも太い部分)
  • 重さ:約5.2トン

出雲大社・神楽殿の読み方

出雲大社の境内には、難しい漢字の表記に社殿がいくつかありますが、神楽殿は「かぐらでん」と読みます。

出雲大社・神楽殿の歴史・由来

出雲大社の神楽殿は、もともとは千家国造家(出雲大社宮司さんの一家)の大広間として使用されており、かつては「風調館(ふうちょうかん)」と呼ばれていました。

明治時代に差し掛かると「出雲大社教」が設立されます。

以降は、出雲大社教の神殿としても使用されるようになり、現在は以下の用途で使用されています。

  • 千家国造家の大広間
  • 出雲大社・出雲大社教の神楽殿
  • 一般の方の御祈祷
  • 神前結婚式
  • 祭礼
  • イベント行事

現在、見ることのできる神楽殿は、1981年(昭和56年)に創建された社殿になります。

昭和56年には出雲教が創立100周年を迎えたのを機として、神楽殿の拡張工事が執り行われ、現在みることができるような207畳もの広さに増築されています。

また、屋根の造営の際、正面の破風(はふ/妻側の屋根先に付ける補強部分)の装飾にステンドグラスが使用されるという大変、珍しい特徴をもっています。

入口両はしには、お守りの授与所とご祈祷の申し込み所があり、中央部から内部に入場することができます。

出雲大社の神楽殿といえば・・やっぱり”大しめ縄”が有名!

神楽殿の最大の特徴となるのが、日本最大とも言われる「大しめなわ」が据えられていることで有名です。

出雲大社の神楽殿の大しめ縄は、全長が約13.6メートル、しめ縄のもっとも太い部分の直径(太さ)が約8メートル、重さが約5.2トンもある日本最大の大しめ縄です。

神楽殿の大しめ縄については下記ページにて詳しくご紹介しています。

出雲大社・神楽殿は何をしている場所?「神楽殿の役割」

出雲大社の神楽殿(かぐらでん)は、「神楽(かぐら)」の名前の通り、「神楽舞(御神楽)」や「祈祷」などを奉仕しています。

その他、本殿と同様に朝と夕方にお祭り(神事)が執り行われて行われるほか、神前結婚式などの挙式も受付しています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






神楽殿で執り行われる主な例祭・イベント行事

神在祭夜神楽祈祷(神在祭)

神在祭の中の1つの神事です。

  • 例年:11月〜12月

関連記事: 出雲大社・神在祭「夜神楽特別祈祷」

神迎祭(神在祭)

神在祭の中の1つの神事です。

  • 例年:11月〜12月

関連記事: 島根県・出雲大社の神在祭の「日程(期間・スケジュール)・開始時間」

龍蛇神講大祭

例年、神在祭の終了後、龍蛇神講の会員の方がこの神楽殿に集い「龍蛇神講大祭(りゅうじゃじんこうたいさい)」が斎行されます。

日本全国の崇敬者、教信徒などが向こう1年の家内安全、除災招福を祈願します。

関連記事: 出雲大社・神在祭「龍蛇神講大祭」の参加資格と申し込み方法

福神祭

御祭神「大国主大神」より福縁と福徳を授かるお祭りです。

  • 例年:1月〜2月
出雲大社教大祭

出雲大社教の信徒が集い、神楽殿にて大祭が斎行されます。大祭終了後は、御本殿前にて「みたまむすびの霊行」が執り行われます。

御祭神「大国主大神」との縁を結び、良縁招来招福などのご利益を授かります。

また、2018年度より、この神楽殿の庭先にて崇敬者、信徒の画家たちから奉納された行燈画が展示されています。行燈(あんどん)に映し出された絵画が、夏夜の幻想的な風情により一層、華を添えます。

ちなみに行燈は期間中、昼夜通して設置されたままになっていますので、昼間に一般参拝者が観覧することもできます。行燈の点灯時間は日が落ちた頃からです。

  • 例年:8月5日〜8日
イベント

その他、神楽殿では270畳もの広さを活かした音楽アーティストによるコンサートなども開催されます。

日本全国の「コンビニ」や「チケットぴあ」などでチケットを購入することができます。

出雲大社・神楽殿での神前結婚式について

最近では、出雲大社で婚儀を催すカップルも増え、婚礼の儀(神前にての結婚式)などもこの神楽殿で執り行われています。

なお、出雲大社周辺付近で神前結婚式を挙式できる場所は以下の2箇所あります。

  1. 北島国造館(きたじまこくそうかん)
  2. おくにがえり館

神前結婚式の予約方法に関しては、以下の別ページにてご案内しております。

 出雲大社の神前結婚式(挙式)「予約方法・写真撮影・服装・口コミ」について

なお、神妙な気配が漂う神聖な神楽殿へ御用がある時は、服装には十分気を遣い、身なりを整える必要があります。

出雲大社・神楽殿のお問い合わせ先(電話番号・営業時間・神前結婚式の予約など)

電話番号

  • 0853-53-3100
営業時間

  • 6:00〜20:00

出雲大社・神楽殿の場所(地図)

神楽殿は、荒垣(垣根)を出た先の本殿の西側に建っている社殿です。境内入口となる銅鳥居を向かいみて左側(西側)に位置します。

銅鳥居を入って左へ進むと西門があり、西門の目の前に巨大な建物「神楽殿」と「大きな日の丸国旗」が見えます。

関連記事: 島根県・出雲大社の境内の詳細「案内図(地図・マップ)」(ダウンロード可能)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ