出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・門神社(MONJIN-NO-YASHIRO)【重要文化財】

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・門神社(MONJIN-NO-YASHIRO)【重要文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・門神社(MONJIN-NO-YASHIRO)【重要文化財】

創建年

  • 東側:推定1744年(江戸時代中頃)
  • 西側:推定1744年(江戸時代中頃)
大きさ

  • 桁行(奥行):二間(約3.5m)
  • 梁間(正面):一間(約2m)
  • 向拝(屋根が飛び出た部分の長さ)一間(約1.5m)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 妻入
屋根の素材

  • 檜皮葺
御祭神

  • 東側:「宇治神(うじのかみ)」
  • 西側:「久多見神(くたみのかみ)」
重要指定文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日
社格

  • 出雲大社・摂社

※「摂社(せっしゃ)」=本殿の神様と関連する神様をお祀りしているお社です。

 門神社」の読み方

出雲大社の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、門神社は「もんじんのやしろ」と読みます。

 門神社」の名前の由来と御祭神

「門神社」は「八足門」を入って、東西に二社あります。

東側は「宇治神(うじのかみ)」、西側には「久多見神(くたみのかみ)」が祀られています。

この二柱の神様は、本殿をお護りする神様たちです。

名前と通り「門神」ですので、御本殿の「門番」として「穢(けがれ)」や「災禍(さいか)」「邪気」が中に入らないようにお護りする役目を担う、神様たちです。

なお、このお二人の神様をお祀りする儀式が出雲大社で執り行われております。

  • 御祭日:3月28日と11月17日

ちなみに、この神様たちの性別ですが「男性の神様」と云われています。

出雲大社・門神社の建築様式(造り)と特徴

門神社の特徴は、屋根が殿舎よりも大きく手前の木の階段も覆っています。

この造りは、御本殿などとは明らかに異なった造りをしており、さらに外に縁側(通路)もありません。

また、神様を祭祀いるのにもかかわらず屋根の上には千木や置き千木もなく、坊主状態になっています。

屋根の棟の両脇には御本殿と同様に鬼板(おにいた/鬼瓦)が据えられています。

上述したように神様を祭祀していながら千木がない点からしても、神仏習合が成り立っていた江戸時代の建築様式を物語っています。

尚、この門神社は江戸時代の建築様式を今に伝える数少ない建造物として2004年(平成16年)7月6日に国の重要文化財の指定を受けています。

以上、門神社は出雲大社の境内の中でも、見どころとなる殿舎の1つですので出雲大社へ参拝に訪れた折には、是非!忘れずに門神社へもご参拝ください。(見学するときは、お祈りしてからにしてください。)

出雲大社・門神社の場所

「門神社(もんじんのやしろ)」は瑞垣内(八足門をクグり抜けたの中)東西にあります。

終わりに・・

尚、出雲大社に関連する周辺の建物の造営(建立)の時期は、裏付けのとれた明確な記録がない場合は推定になります。

周辺の建物も御本殿を造営した時期と連動して、造営していると考えますので、1667年と1744年が中心になります。

これに、建物や部材の劣化状態、時代背景、その他の情報を考慮して各社等の造営時期を推定しているものと思います。

そのようなことから出雲大社に関係する建造物の建立時期は次のように推定されています。

「銅鳥居」は寛文年間の1666年に造営されたものです。これは記録が残されています。

「楼門」「八足門」「回廊」「観祭楼」は、1667年寛文年間に造営されており、現在観ることのできる姿は1744年の延享年間に執り行われた御本殿の造営時に解体移築したものであると考えられています。

その他の社殿は、1744年の御本殿の造営の時に新築したものです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ