出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・釜社(KAMA-NO-YASHIRO)【重要文化財】

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・釜社(KAMA-NO-YASHIRO)【重要文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・釜社(KAMA-NO-YASHIRO)

創建年

  • 1667年(寛文7年/江戸中頃)
大きさ

  • 桁行一間(約2m)
  • 梁間一間(約2m)
  • 向拝(屋根が飛び出た部分の長さ)一間(約2m)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 妻入り
屋根の造り

  • 檜皮葺
重要文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日
社格

  • 末社

出雲大社・釜社の読み方

大社の境内は、少し特殊な名前のお社がが多いのですが、釜社の読み方は、「かましゃ」ではなく、「かまのやしろ」と読みます。

出雲大社・釜社の由来と役割について

「釜社(かまのやしろ)」の御祭神は、「スサノオノミコト」の子神で「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」です。

この御祭神は、食物を司る神様で、全国にある稲荷社の御祭神としても祀られています。

尚、「宇迦之御魂神」は女神(女性の神様)とされています。

この神様は神宮(伊勢)の外宮の主祭神「豊受大御神」や伏見稲荷大社の主祭神「稲荷大神」と同じ御神体であらせられます。

11月23日の「古伝新嘗祭(こでんしんじょうさい)」の夜には、この社より御釜を拝殿に移して「御釜神事」が行われます。

古伝新嘗祭は、国造の霊力を蘇らせる祭事であるのと同時に、神職が御釜の周りを巡る「御釜神事」によって「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」への感謝と来年の豊作の祈りが捧げられるものです。

つまり、これらが「釜社(かまのやしろ)」の名前の由来となります。

創建年は1667年(寛文7年)の江戸時代の中頃(将軍:徳川家綱)と思われます。

2004年7月6日には国の重要文化財に指定されています。

尚、出雲大社の社殿は、国宝の御本殿と、同時期に造営された建築群が多く残っているため、江戸時代中期の神社造営と、整備の歴史資料を提供するものとして、価値が高いと云われています。

ところで「妻入り」って何?「切妻造り」や「平入り」って、どういう意味??

神社建築やお寺の建築物を見ていると、建築造りの紹介によく「妻入」「平入」などという言葉が出てきます。

まず、「切妻造り」とは、本をちょうど真ん中あたりで見開いて、それを屋根のない箱に覆い被せた時のような形状の建物の造りを「切妻造り」と呼びます。

つまり、「本の形(屋根)」と「箱の造り(建物)」を総称して「切妻造りの建物」といいます。

2016y03m04d_142455854↑「切妻造り」の例に分かり易い建物

「妻入(り)」とは、まず、屋根の内側にあって、中心軸ともいえる屋根を支えるための「1本の太い木(棟木/むなぎ)」に対して直角となった建物の壁面を「妻」といいます。

「妻入り」って何??「切妻造り」や「平入り」って、どういう意味??一方、その胸毛・・・あっ、「棟木(むなぎ)」!・・に対して、平行となる建物の壁の面が「平」といいます。

そして、「入り」とは「出入り口」のことを指し示します。

つまり、妻側に出入り口があれば「妻入り」

平側に出入り口があれば「平入り」と、なります。

上記の「釜社(かまのやしろ)」の画像(写真)を見て「妻入り」と「平入り」当てハメてみてください。

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・釜社(KAMA-NO-YASHIRO)

どうですか?「妻入り」になっていましたか??

出雲大社・釜社の場所

「釜社(かまのやしろ)」の場所は「東十九社の北側」にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ