出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・筑紫社(TSUKUSHI-NO-YASHIRO)【重要指定文化財】

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・筑紫社(TSUKUSHI-NO-YASHIRO)【重要指定文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・筑紫社(TSUKUSHI-NO-YASHIRO)

創建年

  • 1744年(延享元年/江戸時代中頃)
大きさ

  • 桁行(奥行)二間(約3.5m)
  • 梁間(正面/横幅)一間(約2m)
階隠(はしかくし/階段上の屋根)の大きさ

  • 桁行(奥行)一間(約2m)
  • 梁間(正面/横幅)一間(約2m)
階隠の建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 妻入

※大社造り

屋根の造り

  • 檜皮葺(ヒノキ)
重要文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日
御祭神

  • 多紀理比売命
社格

  • 摂社
別名(延喜式神名帳)

  •  神魂御子神社・本殿

 出雲大社・筑紫社の読み方

出雲大社の境内には、難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がいくつかありますが「筑紫社」の読み方は、「筑紫社(つくしのやしろ)」と読みます。

出雲大社・筑紫社の御祭神「多紀理比売命」とご利益

ここの御祭神には「多紀理比売命(たきりひめのみこと)」が祀られています。

「多紀理比売命」は、天照大神とスサノオノミコトの「ウケヒ」という「誓約(せいやく)」で生まれた、「宗像(むなかた)三女神」の中の一神です。

宗像三女神は美人三姉妹の女神として有名であり、海の神様となります。

宗像三女神の御利益は、交通安全、海上安全、航海安全、漁業豊漁、五穀豊穣など様々なものがあります。

また、「多紀理比売命」は大国主神の九州での妻と言われています。

出雲大社・筑紫社の歴史・由来

「延喜式神名帳(9巻/10巻)」によると、この「筑紫社」は、「神魂御子神社 本殿(かみむすびみこのかみのやしろ ほんでん)」として位置づけられており、これがこの殿舎の正式な名前であると考えられています。

話は逸れますが、御本殿の東側には、「筑紫社」と同じ構造(建築造り)の「御向社(みむかいのやしろ)」と「天前社(あまさきのやしろ)」が並んでいます。

「御向社」には、大国主神の正妻である「須勢理比売命(すせりひめのみこと」が祀られています。

そして「天前社」には、大国主神が兄神から酷い扱いを受けて大やけどをした時に治療をして助けてくれた、「キサガイヒメノミコト」と「ウムガイヒメノミコト」が祀られています。

これらの社は「脇宮三社」と呼ばれていますが、「筑紫社」は、他の2社に比べて、基礎工事や建築が一段と丁重(ていちょう)であったことや、常に第一に重んじられてきたという古い記録もあるそうです。

但し、「筑紫社」を重んじた理由は不明です。

筑紫社の創建年は1744年 (延享元年) と云われ、2004年(平成16年)7月6日に国の重要文化財の指定を受けています。

出雲大社・「筑紫社」の場所

「筑紫社(つくしのやしろ)」は、瑞垣内の御本殿の西側に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ