出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・宝庫(HOUKO)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・宝庫(HOUKO)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・宝庫(HOUKO)

創建年

  • 1667年(寛文7年/江戸中頃)
大きさ

  • 梁間(正面)一間(約2m)
  • 桁行(奥行)(約3.5m)
  • 向拝(屋根が飛び出た部分の長さ)一間(約1.5m)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
屋根の造り

  • 檜皮葺
重要文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日

出雲大社宝庫の読み方

出雲大社の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、宝庫は「ほうこ」と読みます。

出雲大社・宝庫って何をする所?「宝庫の役割」

宝庫は、宝物を収蔵する蔵で、御本殿の西側の荒垣内にあります。

内部は何があるのかは定かではなく、また、現在においても使用されているのも定かではありません。

おそらく神在祭などの神事に用いる神具などが収蔵されているものだと思われます。

出雲大社・宝庫の建築様式(造り)

小さな建物ですが、屋根は切妻造で、正面階段の上に張り出した「庇(ひさし)」がある「檜皮葺(ひわだぶき)」で造られています。

「向拝」は、神社建築によく見られる造りであり、これはよく出雲大社と対比される伊勢神宮の境内(神明造り)では見る機会がない建屋の特徴です。

知らない人がほとんど!「檜皮葺」という気の遠くなる作業

ちなみに、この檜皮葺という職人が行う屋根の造りの作業ですが、これがまた、気の遠くなるほどの作業で、薄いヒノキの板を地道にコツコツと一枚一枚、丁寧に屋根に、縫い付けるようにして重ねるようにして、張り合わせていきます。

こうして、重なりあったヒノキの皮を幾重にも重ねることで、あの分厚い屋根が完成しているのです。

ちなみに、この薄いヒノキの皮を紙一重で留めているのが、竹を削って作った釘です。

この竹の釘を1ツボあたりの作業において、2400本から3000本も使用するといいますから、これは本当に頭が下がるというよりも、その前に頭がクラクラとしてきそうになります。

このようにして、ヒノキを薄く削った皮を屋根に張り合わす職人と、他にも、ヒノキの性質を見極めることに長けた職人、そして、竹を削って釘を作ることに長けた職人と、これら3職の職人の力が合わさって、初めて美しく生まれ変わった社殿の姿を目にすることが叶います。

三位一体」という言葉がまさにピッタリと当てハマるといえますね。

尚、御本殿の神様が鎮座されたその時を再現するための「遷宮」に際して、境内や周辺に点在する摂社・末社なども修造されています。

「宝庫」は、1667年に造営されたと云われています。

2004年7月6日には、重要文化財に指定されています。

現在は、2014年7月に修造開始して、新しい姿に生まれ変わっています。

また、「宝庫」の近くには、「神座正面遥拝所」があります。

これは御本殿内の御神座が正面の南向きではなく、西向きに配置されているために、御祭神を正面からお参りできるように設けられています。

出雲大社では拝殿でお参りしたら、こちらでもお参りすることをお勧めします。

出雲大社・宝庫の場所

御本殿の西側の荒垣内です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ