出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール)

スポンサードリンク

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール)

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール) (2)出雲大社は、今や年間なんと!660万人もの観光客(参拝客)が訪れる神宮(=伊勢/年間約1500万人)に次ぐ、巡拝の聖地としてスッカリと日本人の生活に馴染んでいます。

しかし出雲大社には神宮をはじめとした他の神社とは異なった特殊な参拝方法が存在します。

出雲通なあなたであれば、もぅお分かりですね?

以上、以下では出雲特有の参拝方法を少しご紹介していきたいと思います。

そもそも「参拝(さんぱい)」とは何?どういう意味??

そもそも「参拝」と言う言葉の意味を知らずに参拝している方が、ほとんどだと思われます。

あなたはいかがですか?

「参拝」と言う言葉の意味を、聞かれた時にスラスラと言えますか?

参拝とは?

参拝(さんぱい)とは、神社やお寺(寺院)、他には「教会」や「お墓」などで、神仏や祖先の御霊に祈りを捧げることです。

祈りとは?

祈りとは、祖先の霊や神仏に対して「成就や回復」などの願い(祈願)をする行為のことを言います。

そして、この参拝には種類があり、その参拝の種類によって参拝の仕方や方法が変わります。

おおよその方が、参拝の手順やルールについては、深く考えないで何となく、周りの人のやり方をみて同じようにやっていると思われます。

参拝の正しい手順やルールを身に着ければ、神仏の徳(力)によって清められ、神さまのご加護を受けられますので、自分自身に自信が持てるようになります。

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール)

出雲大社の参拝の大まかな順序

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール)出雲大社の正式な参拝方法は地元では、まず御本殿を参拝した後、「反時計回りで境内を参拝する」のが正式な参拝方法と云われております。

また、上述で少しご説明しましたが、神宮を始めとした一般の神社では「2礼2拍手1礼」が基本となっています。

しかし出雲大社特有の参拝方法として、基本的に「2礼4拍手1礼の作法に則って参拝します。

その他に出雲大社が特殊と言われるのは「5月14日の例祭(大祭礼」の時にはなんと!「2礼8拍手1礼」と言う、つまりは「柏手(拍手)を8回打つ」日も存在するからです。

「8」の数字は古来、神道では「無限」を意味しており、つまり例祭の時は「無限に近い心づもりで盛大に神様へお祈りを捧げる」と言った意味合いになるそうです。

以下では出雲大社の正式な参拝ルートを述べています。

(1)大鳥居(宇迦橋大鳥居)

大鳥居とは、旧大社駅の近くに存在する大きな鳥居「宇迦橋大鳥居(うがばし)」のことです。ちなみに鳥居とは神が祀(まつ)られている神域への入口ともなります。

また神道においては参道の中央は神様が通る神聖な道とも云われ、鳥居をくぐる時は参道の中央を通るのをできるだけ避けて左右の参道を通行します。

鳥居をくぐる時は神への敬意(けいい)を払って一礼し、左足から入ります。(神道では左足から入ります)帰途につく際は最後の鳥居の前で振り返って一礼します。

鳥居に関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

(2)勢溜りの鳥居

おおよその方は、この「勢溜の鳥居(せいだまりのとりい)」から、参拝を開始されます。

この鳥居は出雲大社の第二の鳥居となり、出雲大社では「正門」と云われている鳥居です。

尚、勢溜りの鳥居の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(3)祓社(はらえのやしろ) ※「2礼4拍手1礼」

二の鳥居である勢溜(せいだまり)の鳥居をくぐると、右手に「祓社」があります。
ここで、けがれをきよめて頂きます。

※祓社は、勢溜の門を超えたすぐの、参道入口近くの「第一に参拝する社」となります。

したがって、参拝者の列が発生してしまい、混雑する場合がありますので、「2礼4拍手1礼」を行う際は、すみやかに行い、次の参拝者の方へ順番をお譲りします。

尚、祓社の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(4)参道(松並木の参道)

参道は、神の通り道と言われています。参道を歩くときは神の邪魔にならないように道の左側を歩くようにします。

尚、松並木の参道の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(5)手水舎(てみずや/ちょうずや)

 御神前に進む前に、ここで両手と口を浄めます。

出雲大社での手水の作法(手順)

  1. 左手を洗う

    まず、拍手を行う手を清めます。
    そのため、片方の腕で柄杓を持ち、もう片方の手を清めます。
    この時、古来からの伝統では右手で柄杓を持ち、左手を先に洗う(清める)のが習わしとされています。

  2. 右手を洗う

    左手と同じように次は右手を清めます。

  3. 口をすすぐ

    お口をすすぐのは、特に口から入るとされる邪気を祓うためです。
    左手に柄杓を持ち替えて、お水を注ぎ、右手で柄杓の水を受け、それを口に含みます。※直接、柄杓から口に含むのは厳禁です。

  4. 2回目に柄杓を持った左手を清める

    左手で柄杓を持ったまま、柄杓を建てて、左手と柄杓の持ち手に再度お水を流して双方を清めます。

  5. 柄杓を元の位置へ戻す

    使用した柄杓は、伏せた状態で必ず元の位置へ戻します。
    この時、斜め方向に置かずにキッチリと真っ直ぐに揃えて、他の柄杓と並行になるように静かに置きます。

※出雲大社を含めた手水舎での注意点※
  • 水は飲まない
  • 柄杓には絶対に口をつけない
  • 軽く口をすすぎ、手で口元を隠し、真下の溝へそっと流す

スポンサードリンク -Sponsored Link-






出雲大社を含めた手水の作法(手順)のイラスト図

出雲大社の正しい参拝の仕方と方法(参拝の手順・ルール) (3)※画像引用先:るるぶ.com 

尚、手水舎の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(6)拝殿(御本殿)

2礼4拍手1礼」で参拝します。お賽銭の額に10円(5円+5円でもNG)を入れるのは避けます。(遠縁となるため)

 お賽銭の額は5円玉や11円(イイ)41円(良い)45円(始終ご縁がありますように)などを入れます。


尚、八足門の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(7)八足門(はっそくもん):「2礼4拍手1礼」

八足門の中に御本殿がありますが、特別の日(正月の三が日など)や、「神に特別な願い事をする方(特別ご祈祷)」以外は入れません。

その為、ここで御本殿をお参りします。参拝は「2礼4拍手1礼」です。

尚、八足門の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

(8)御本殿周辺の社殿群:「2礼4拍手1礼」

八足門前で御本殿をお参り後、御本殿周辺の垣根(かきね)を上述した通り、「左回り(反時計回り)」に進んで、順番に境内(けいだい)の殿舎をお参りします。参拝は「2礼4拍手1礼」です。

(9)御神体正面からの参拝:「2礼4拍手1礼」

写真やパンフレットで出雲大社の境内を見れば一目瞭然ですが、大国主神(おおくにぬしのかみ)の「御霊(みたま)=たましい」が宿るとされる、本殿の正面の向きは「南向き」となっています。

しかし実際、御本殿の内部ではなんと!大国主神の御神体は「西を向いている」そうです。

つまり、通常の神社では鳥居や参道に対して、正面が神様のご鎮座される社となりますが、出雲大社では、大国主大神が西側を向いておられますので、「正式には西側が正面になる」と言うことになります。

そして、なんと!上記のような理由から出雲大社では御本殿の西側にも小さな遥拝場が設けられています。

但し、西側とは言っても西側は壁(瑞垣)になっていますので、その外側に上述の遥拝場があり、その前でお祈りすると言ったことになります。参拝は「2礼4拍手1礼」です。

「御霊=たましい」が眠るとされる本殿の正面向きは「南向き」になっています。しかし、大国主神の御神体を安置する場所は「西向き」になっている↑出雲大社西側遥拝場

混雑時における「2礼4拍手1礼」の作法の仕方

普通の神社の参拝は「2礼2拍手1礼」が基本です。

ところが出雲大社では2拍手のところ4拍手とします。

但し、混雑している時や、お祈りを長くしたい時は、中心に立ち続けず「2礼4拍手1礼」をしたら端によってから、お祈りするのが良いでしょう。

出雲大社の「2礼4拍手1礼」の正しい手順・順序

「2礼4拍手1礼」を放つ前に、大事なことを忘れていやしませんか?

何だかお分かりですか?

それは「帽子」です。

これは忘れがちな方が多いですが、帽子をカブっている方は必ず脱帽するようにします。

入室する時に脱帽するのと同じで、着帽したままでは神様に大変失礼です。

(1)御神前に姿勢を正して立ち、心を落ち着かせてから前に進み、お賽銭をお賽銭箱に静かに入れます。

出雲大社の「2礼4拍手1礼」の手順

(2)お賽銭を入れた後、鈴がある神社では鈴を鳴らします。そして背筋を伸ばしたまま、腰を90度に折って、2回おじぎをします。

出雲大社の「2礼4拍手1礼」の手順 (2)

(3)次に、両手を胸の高さまで上げて手のひらを合わせます。

両手を胸の高さまで上げて手のひらを合わせま

(4)右手を少し下にずらし、拍手を4回します。(左手の中指の付け根に、右手の中指の先をあてる形で拍手すると、いい音がでるそうです)

右手を少し下にずらし、4回、(拍手=手を打ち合わせ)ます。

(5)4拍手を終えたら、右手を元に戻し、手を合わせたまま指先を整えて静かに祈ります。

出雲大社の「2礼4拍手1礼」の手順 (5)

(6)お祈りを終えた後、もう一度、腰を90度に折って、1回おじぎをします。

出雲大社の「2礼4拍手1礼」の手順 (6)

出雲大社で拍手を4回打つ理由

実はこのような柏手を4回打つ神社は他にも、「宇佐神宮(大分県宇佐市)」があります。

しかしいったい何故4回打つのでしょう?

一説では、以下のような理由が囁かれているようです。

  1. 東西南北を守護するとされる「四神(しじん)」に対して敬意を示しているとも云われ4回打つとも云われています。
  2. その他にも、通常の2拍手を篤い崇敬の意味合いで2回行っている
  3. 1年(四季)を実りと繁栄を祈願している

などと共、云われ、つまりはいつ頃から柏手を4回打つことになったのか?はたまた4回打つ理由すら現代に至っても解明されていないようです。

「拍手?」、 「柏手??」 「”拍手”と”柏手”の意味と由来」

「拍手」は「はくしゅ」と読むのが一般的ですが、実は「柏手=かしわで)」とも言います。

あなたが幼少の頃、両親や親戚の叔父などと神社へ行って、鈴を鳴らし、手のヒラを合わせて音を鳴らし、最後にお祈りして・・これらの動作を言われるがままに、していたと言う経験はございませんか?

実は、この拍手にも由来や意味があるのです。

柏手(拍手)で「音を大きく鳴らす」ことは重要!

柏手(拍手)で「音を大きく鳴らす」ことは重要!実はこの「柏手(かしわで)=拍手(はくしゅ)」で、音を大きく鳴らすことにより、悪意をはらい、神へのおそれうやまう気持ちを表すといわれているのです。

このため、柏手を打つときは、しっかりと音をたてることが求められます。

拍手が終わったら、お祈りを捧げた後、静かに神様の御前を離れます。

終わりに・・

出雲大社の参拝方法は、古来からの参拝方法となりますので、他の神社よりも手間が増えます。

しかし、その分、きっと良いご利益に授かれると信じて、正しい参拝方法を実行してみてください。

そして、出雲大社では、あなた自身のためだけだけはなく、あなたの大切な誰かのために、真剣にお祈りしてみてください。

もちろん、あなた自身の多少の努力も必要ですが、きっと、その願いは叶うハズですよ。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ