出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・玉垣(TAMAGAKI)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・玉垣(TAMAGAKI)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・玉垣(TAMAGAKI)

造営年

不明
推定:1661年〜1672年頃(江戸時代寛文年間)

大きさ(長さ)

160m

材質

ヒノキ

重要文化財登録指定年月日

2004年(平成16年)7月6日

出雲大社・玉垣の読み方 

出雲大社の境内には難しい名前の御祭神や社殿がありますが、「玉垣」は「たまがき」と読みます。

ところで・・「玉垣」とは?

出雲大社の境内は外側から「荒垣(あらがき)」、「瑞垣(みずがき)」、「玉垣」の3つの垣(かきね=壁)に囲まれています。

この中でも「玉垣」は「御本殿」にもっとも近い御本殿を守る垣根になります。

神社の境内や本殿を垣根で囲む理由

当サイトで、すでに出雲大社の鳥居のことはご紹介していますが、鳥居をクグるとは、神域へ足を踏み入れることであり、つまり、鳥居の向こう側(内側)は、神様の住む世界と相成ります。

神域は、神様がお宿りになる世界として、御神力を濃く保つためにも、現世との区切りが必要になります。

そのために、現世との区切り(世界の境界線)を付ける目的で、垣根が設けてられています。

また一説では、泥棒に入られにくくする役割があり、垣根の足元に小石を敷き詰めることによって侵入者の足音が分かり、防犯効果を高めていると云われております。

出雲大社の「玉垣」の長さ

出雲大社の「玉垣」は、1661年〜1672年頃(寛文年間/江戸時代中期)に造営されたものです。

木製(ヒノキ材)で一周延長160mあると言われています。

また、この「玉垣」は「2段の石積みの礎石」の上に造られており、屋根付きの塀のような構造をしています。

塀の部分は、檜(ヒノキ)材を複雑に加工した構造で、中央より上部は風が通るように隙間があるデザインをしています。

但し、通常の参拝では「瑞垣」の「八足門」に入れないため、その内側にある「玉垣」の拝観はできません。

出雲大社・玉垣の場所

出雲大社の玉垣は銅鳥居から境内へ入って正面の拝殿(御仮殿/おかりでん)の後方の御本殿の周囲に張り巡らされています。

おわりに・・

この「玉垣」が御本殿を取り囲んで、一直線に伸びた景観は、均整のとれた建造物として言葉にはできない程の美しさがあります。

まさに「神々しい」とは、こういった事を言うのだろうと感じ入ります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ