出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・拝殿(HAIDEN)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・拝殿(HAIDEN)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・御仮殿(OKARIDEN)

創建年

1519年

高さ

13m

建築様式(造り)

切妻造り
妻入

出雲大社・拝殿の読み方

出雲大社・拝殿は「はいでん」と読みます。

また、御本殿の修造(しゅうぞう/修善・修理)の際に主祭神であらせられる「大国主大神」の御神体を一時的に奉安しておく仮の本殿にもなることから「御仮殿(おかりでん)」とも呼ばれます。

拝殿は出雲大社だけにあるもの特有のものではなく、日本全国のあらゆる神社にもあります。

拝殿は御本殿の前に建てられた「お祈りを捧げるための神聖な場所」です。

出雲大社・拝殿の歴史

「出雲大社・拝殿」は、1519年に出雲守護代の尼子経久によって建立されています。

しかし、その後、1953年(昭和28年)5月に「庁の舎(ちょうのや)」などと共に、不慮の火災(餅つき場の残り火)で焼失しています。

当時の出雲大社は火災保険に加入していなかったため、日本全国の崇敬者からの寄付金を約1億円集めて、1959年(昭和34年)5月に再建に成功しています。

この「出雲大社・拝殿(御仮殿)」は、平成20年(2008年)から平成25年(2013年)まで、御本殿の改修工事が行われている期間は、御本殿の周囲には入ることができませんでした。

そのため、平成20年に御神体を御仮殿(おかりでん)に遷す「仮殿遷座祭」が行われて、平成25年5月までは、従来の「拝殿」を「御仮殿」と定めて、そこに御神体をお祀りしていました。

そして、御本殿と瑞垣内の修理が完了した後、平成25年5月10日の新月の夜7時から御神体を御本殿に遷す「本殿遷座祭」が行われ、「御仮殿」は元の「拝殿」に戻りました。

出雲大社・拝殿の見どころ

まず、参道を通り抜け、最後の銅の鳥居をくぐると、大きな「注連縄(しめなわ)」が、張られた拝殿があります。

出雲大社・御仮殿(拝殿)の見どころ出雲大社・神楽殿にも同様の「大しめ縄」がありますが、実は、御仮殿(拝殿)の大しめ縄は、神楽殿の注連縄(長さ13m、太さ8m)に比べると半分程の長さとなります。

つまり、神楽殿の大しめ縄と比べると少し、長さが短いといったことになります。

しかし、この大しめ縄・・この大きさには、圧倒されます。

ここで、注目すべきは、注連縄を張る向きが一般の神社とは逆になっていることです。

注連縄は作り始める「綯始(ないはじめ)」は太く、「綯終(ないおわり)」は細くなります。

そして、向かって右側が太く、左側が細い向きに張られますが、出雲大社では、これが逆向きになっています。

注連縄が太すぎるため、しっかり見ないと判りづらいですが、是非、確認してみてください。

そして、注連縄を支えている建物は、総檜造りで、胴板葺きの流麗な屋根も必見です。

出雲大社の大注連縄の向きが、一般の神社と逆向きになっている理由

出雲大社の大注連縄の向きが、一般の神社と逆向きになっている理由出雲大社・神楽殿と同じく、この御仮殿(拝殿)も大しめ縄の向きが逆向きに作られています。

この大しめ縄が、逆向きになっている理由は、神社神道では、神様に向かって右方を上位としているそうですが、出雲大社では左方を上位としているためと言われています。

そのため、御本殿内の客座五神が祀られている場所も、上位の神様は左に祀られているそうです。

このため、注連縄の張りかたも逆になったと言われています。

出雲大社・拝殿の場所

出雲大社の拝殿は勢溜の鳥居から参道を直進し銅鳥居の真正面の建物です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ