島根県・出雲大社の神在祭の「日程(期間・スケジュール)・開始時間」

スポンサードリンク

島根県・出雲大社の神在祭の「日程(期間・スケジュール)・開始時間」

出雲大社の神在祭について「日程(期間)・時間・申し込み方法(縁結大祭)」

まず・・神在祭とは?

まず、神在祭とは「かみありさい」と読みます。

神在祭は例年、旧暦の「10月10日」頃から開始される出雲大社でもっとも大きな祭典になります。

これを現在の西暦に当てはめると11月中旬から下旬頃になります。

そして旧暦10月と言えば世間一般では「神無月」で認知されています。

例年、神無月になると、日本全国の神々、つまりは「八百万の神々(やおよろずのかみがみ)」が出雲・稲佐の浜から後述する龍蛇様(海蛇)に先導されて出雲大社に鎮座される「国つ神」の大神「大国主大神」のもとに集われます。

日本全国各地の神々は会議を行うために出雲へ出張することから、出雲地方では逆に「神在月」と呼ばれ、日本各地の土地では神様が出張中いない「神無月」と呼んでいます。

しかし一説では各土地には「留守神(るすがみ)」だけは残るようで、その留守神とは恵比寿神(えびすさま)と云われています。

また、この会議には呼称が存在し、一般的に「神謀り(かむはかり)」と呼称されています。

この神謀りが執り行われるのは、島根県・出雲大社の御本殿ではなく、実際は出雲大社の境外にある「境外摂社・上の宮」と言う社殿になります。

上の宮では、日本各地の神々の総称である「八百万の神」が自らが鎮座する土地の様々な縁結びについて大国主大神やその他の神々と話し合います。

「今年は誰と誰を引っ付けようか・・?この前は珍しく高級酒をお供えしてきよったからのぅ。ふぉっふぉっ。仕方ない今年こそアヤツを導いてやるか。ふぉっふぉっ。..ブツブツブツブツ

・・などといったような話し合いが7日間もの間、行われます。

神々はこの7日間、上の宮で会議(神謀り)を行いますが、宿泊される宿が出雲大社の境内に用意されており、その宿泊施設が「境内摂社・十九社」になります。

つまり神々は上の宮と十九社の間を7日間、行き来することになります。

そして出雲大社では日本各地から集った八百万の神々をもてなすために、神々が滞在する7日の間、毎日、様々な祭典を執り行れ、中でも特に十九社では毎日、祭典が執り行われています。

つまり、この7日間の様々な祭典の総称こそが「神在祭」であり、「神が出雲に在る」ことに由来して神在祭と呼ばれています。

出雲大社の神在祭では、八百万の神々が万全の状態で会議に挑めるように丁重におもてなしをします。

主祭神・大国主大神を含め、八百万の神々を丁重にもてなすことで神々のありがたい御神徳を授かるべく、期間中、様々な神事が執り行われます。

ただし、「神在祭」という名の祭典(神事)は、厳密には御本殿で執り行われる3日間が該当します。

摂社・上の宮に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

大国主大神のもとに神々が集う理由

【補足】出雲大社の「神在祭」が、どうしても旧暦の10月でなければダメな理由とは?ここで疑問が出てくるのですが、なぜ、大国主大神のもとに日本各地の神々が集うのでしょう?

実はこれには人知を超越した理由があったのです。

かつてイザナギ神とイザナミ神が日本大陸を生み出し、後、まだ日本という国が更地に近い状態の頃、大国主大神が日本を繁栄させ1つの国にしました。

つまり大国を創った主ということで、「大国主」と名づけられています。

後、繁栄した日本(葦原中つ国)を「私の子孫が治めなければならない」と神宮(伊勢)に鎮座される天界(高天原)の大神「天照大御神」が下々の神々に宣言されます。

そして下々の神々と大国主と間に交渉が成立し、大国主は繁栄させた日本を譲ることになります。

その際、大御神は大国主にこう告げられました。

「あなたは私の子孫に国を譲る代わりに、天をも貫く大神殿を授けましょう。そして、あなたは幽れたる(隠れたる)日本の神々の事を治めなさい。」

これを承諾した大国主は、日本全国の神々である「八百万の神々」を束ねる「神の中の神・大神」という位置づけになります。

以上のことから、日本中の神々が自分の土地の1年の取り決め(縁結び)を行うための会議をしに、大国主大神が鎮座する出雲へ集うということになります。

以上、長くなりましたが、以下ではその神在祭の中の神事と神在祭のスケジュールをご紹介しています。

神在祭のご利益

神在祭へ参加されることで八百万の神々と大国主大神から「幸縁(こうえん)」を授かることができると云われております。

幸縁とは「良き御縁と巡り合い幸福が訪れる」という意味合いがあります。

是非!神在祭へ参加されて霊験あらたかなご利益を授かってください。

神在祭のスケジュール(旧暦の場合)

月/日 行事内容 開催時間帯
10月10日【ご到着】 「神迎」の行事(稲佐の浜) 午後7時
10月10日 神迎祭 (神楽殿) 午後20時頃
10月11日 神在祭(御本殿) 午前9時
10月11日
龍蛇神講大祭(神楽殿) 午前11時
10月15日 神在祭(御本殿) 午前10時
10月15日 縁結大祭(御本殿)
10月17日 神在祭(御本殿) 午前10時
10月17日 縁結大祭(御本殿)
10月18日【お帰り】 神等去出祭(拝殿) 午後16時
10月27日 第二神等去出祭 ※ 一般の方は見学不可

例:2017年(平成29年)の神在祭のスケジュール

月/日 行事内容 開催時間帯
11月27日(月)【ご到着】 「神迎」の行事(稲佐の浜) 午後7時~
11月28日(火) 神在祭(御本殿)
11月29日(水) 神在祭(御本殿) 午前9時
11月28日(日)
龍蛇神講大祭(神楽殿) 午前11時
11月28日(火) 神在祭(御本殿) 午前10時
12月2日(土) 縁結大祭(御本殿)
12月4日(土) 神在祭 (御本殿) 午前10時
12月4日(土) 縁結大祭(御本殿)
12月4日(土)【お帰り】 神等去出祭 (拝殿) 午後4時
12月13日(水) 第二神等去出祭 ※ 一般の方は見学不可

旧暦で言えば、「10月10日~10月18日まで」が、八百万の神々が出雲大社に滞在する期間となります。

出雲大社の「神在祭」の内容

神迎えの行事

出雲大社の「神在祭」の内容

 「神迎え」の開催時間帯:午後7時から夜9時ごろまで

神迎え」とは、旧暦の10月10日の夜19時、日本海から来訪する八百万の神々を迎える祭典(神事)です。

場所は、出雲大社の西にある「稲佐の浜」です。

神職はこの日を迎えるために食べる物を慎み、沐浴して身を清めます。

そして稲佐の浜には祭壇が組まれます。

祭壇には燧杵(ひきりきね)で起こされた神火が焚かれ、周囲はこの神火以外、灯りがなく暗闇と静寂に包まれます。

祭壇には神々の依り代となる2本の榊(神籬/ひもろぎ)が奉納されて、神職によってご祈祷と祝詞が奏上されます。

こうして八百万の神々の御霊がこの2本の神籬にお宿りします。

稲佐の浜での神事が終わると、「2本の神籬」が純白の絹の布(絹垣)で覆(おお)われ、「龍蛇神(りゅうじゃしん)」の先導で出雲大社に向かいます。

龍蛇神とは後述していますが、八百万の神々を出雲の地へ案内するための海蛇になります。

龍蛇神は神在祭の時期になると、実際に稲佐の浜の浜辺に数多く流れつきます。

以上、この神迎祭をもって神在祭が開始されます。

神籬(ひもろぎ)とは?

神籬(ひもろぎ)とは、一時的に神々の御霊に、お宿りいただく「依り代」のことを言います。 (2)神籬(ひもろぎ)とは、一時的に神々の御霊に、お宿りいただく「依り代」のことを言います。
通常は「榊(サカキ)の枝」が依り代として使用されます。
神道においての基本的な依り代とは、このような樹木が位置づけられています。境内にて御神木が祭祀されているのはそのためです。よって樹木の一種であるサカキは古くから神々が御霊を宿らせやすいと言うことから、神事には欠かすことのできない貴重な樹木となります。現在では一般家庭などでも広くお祀りされています。
出雲大社の神在祭では2本の神籬(ひもろぎ)を用意して、白い布で斉場を作り、神々にお宿りいただいています。

「神迎御幣」と「神迎御幣の配布時間」

神迎御幣とは?

神迎御幣」とは「かみむかえごへい」と読み、これは「御幣(ごへい)」と呼称される、神道の祭典(神事)で使用される際の道具の1つです。
白い紙を折り合わせて編んだものを木に挟んだものです。

この「神迎御幣」は一般の参列者も稲佐の浜の入り口で頂くことができ、「神迎御幣」を手に持って神々と神職の方々と共に後ろからお供して出雲大社の境内を目指します。

神迎御幣の配布(お預け)時間:18:00から配布開始
配布(お預け)する方: 出雲大社の神職さん、巫女さん

神迎御幣の配布時間↑出雲大社の「神迎御幣」

出雲大社の神楽殿で開催される「神迎祭」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






稲佐の浜での神事が終わると、今度は出雲大社の境内へ向かうために移動を開始します。

神々がお宿りした2本の神籬は「純白の絹の布(絹垣)」で覆(おお)われ、「龍蛇神」の先導で出雲大社に向かいます。

そして神職とその後ろに一般の参拝者が続きます。

行列は静寂して進むのではなく、歩きながら「雅楽(ががく」が奉奏され、幻想的でシュールな気配に包まれながら出雲大社の本殿へと向かいます。

また、本殿までの道は「神迎の道(かみむかえのみち)」と呼ばれる細い道を通ります。

神迎の道が細い道であるのは、狭い民家の間を縫うようにして通るからです。

神迎の道

神迎の道はそのまま大通りである「431号線」を東へ向けて直進するのではなく、一旦、南下して「永徳寺(えいとくじ)」の周辺に位置する「永徳寺坂」という細い路地へ入ります。

そこから東へ直進して「勢溜の鳥居」を目指します。

つまりキャなり(訳:かなり)迂回して進むことになります。

  • 神迎の道の距離:1.5Km
  • 所要時間:約20分

稲佐の浜から勢溜の大鳥居勢溜の鳥居から神域に入ると参道を進み「神苑」を通過して「松並木の参道」を抜けて「銅鳥居」から境内(御垣)へ入ります。

境内へ入ると拝殿の前を左折する形で通過して東門の先に位置する神楽殿へと向かいます。

神楽殿では「出雲国造(いずもこくそう/=宮司)」と神職全員が整列して八百万の神々を出迎えます。

神楽殿で執り行われる神事

出雲大社の神楽殿で開催される「神迎祭」今度は神楽殿で到着した神々に楽しんでいただき旅の疲れを癒していただくための余興(巫女舞)が振舞われます。

宮司による祝詞の奏上(神々への祈り)、そして巫女さんによる「舞(御神楽)」が奉奏されます。

龍蛇神と神職の後に続いて行列に参加していた一般の方々も、ここで八百万の神々に拝礼することが可能になります。

拝礼は、「玉串拝礼(たまぐしはいれい)」によって神々に挨拶(拝礼)を行い、自らの存在を知っていただき、より良き縁とご利益をお授けいただきます。

そして、この神楽殿での神事が一通り終了すると神迎祭が終了となります。

この後、神々は翌日からの神謀り(会議)に備えて旅の疲れを癒すべく、お休みになられます。

神々がお休みになられる場所というのが境内に位置する「十九社(じゅうくしゃ)」になります。

十九社は境内の東西にありますので、神々を宿した2本の神籬(ひもろぎ)が、東西二手に別れて神職の案内のもと十九社へ向かいます。

こうして1日目が終了を迎えます。終了の時間は夜21時頃となります。

十九社に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社の御本殿で開催される「神在祭」

神在祭の開催日

  • 旧暦10月11日
  • 旧暦10月15日
  • 旧暦10月17日

※注意※神々の「縁結び会議(神謀り)」は7日間連日。

神迎祭の翌日、いよいよ朝9時から出雲大社の「御本殿」で神在祭が催されます。

八百万の神々と大国主大神は境外に位置する出雲大社・境外摂社「上の宮」に会議に向かわれます。

出雲国造以下、神職によって「神饌(しんせん)」が供進され(お供えされ)、さらに祝詞が奏上されます。神饌が新鮮!..アレ?ハズした?

まず「謝恩詞(しゃおんじ)」と呼ばれる、神様への感謝の気持ちを参列者全員で唱えます。

出雲大社の宮司や神職が出席して、清めの儀式(ぎしき)の後、「謝恩詞「(しゃおんじ)」

その後、宮司によって神々への祈り(祝詞)が奏上され、最後に「榊の枝」を神様に捧げる儀式「玉串拝礼(たまぐしはいれい)」でもって終了します。

最後に「榊の枝」を神様に捧げる儀式「玉串拝礼(たまぐしはいれい)」で終了玉串拝礼ができる参列者は招待状を持っている方のみですが、一般の参拝者も儀式の様子を見守ることはできます。

玉串拝礼とは、一般的にご祈祷を受けた際に行う一連の所作のことで、巫女さんや神職さんの指南で神々の御前で拝礼を行います。

尚、すでに上述しておりますが八百万の神々と大国主大神は7日間、上の宮と十九社を往復されます。

よって「上の宮」と「十九社」では7日間連日、祭典が催されます。

また、「神在祭の神事」とは正式には「神迎祭の翌日」と「神謀り(会議)の中日(15日)」、そして「最終日となる17日」に御本殿で執り行われるのが「神在祭の神事」なります。

ただし、神謀り(会議)の7日間を神在祭としても間違いではありません。

龍蛇神講大祭

龍蛇神講大祭は、神迎祭の翌日の午前11時から神楽殿にて開催される祭典(大祭)になります。

この祭典は一般の参拝者が参加できない祭典になります。

参加できる方は、「龍蛇神講」という会に入会している会員の方のみです。

龍蛇神とは、上述の八百万の神々を先導した「龍蛇様」のことです。

龍蛇神とは、昔から伝来する「龍」と「蛇」の信仰に根付くものです。

尚、龍蛇神講大祭や龍蛇神については当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

尚、八百万の神々を稲佐の浜から先導してきた「龍蛇神」は、神在祭の期間中瑞垣の内側の西回廊で参拝することができます。

縁結大祭

縁結大祭画像引用先:出雲大社

神在祭の期間中でもっとも大きな祭典と言えば「縁結大祭(えんむすびたいさい)」になります。

縁結大祭は神在祭の期間中の「中の日」と、最終日となる「旧暦10月17日」の午前10時から御本殿前にて執り行われます。

この縁結大祭は一般の参拝者が参加できる大祭だけに、例年、混雑必至の祭典となります。

ただし誰でも参加できるわけではなく、申し込みを済ませ許可を得た方のみが参加を許されます。

縁結大祭の内容

日本全国から八百万の神々が大国主大神と「神謀り」と呼称される会議を行うために、年に1回、この出雲まで遥々、訪れてくださっています。

神謀りは男女の縁や人の縁だけではなく、あらゆる物の縁をより良い形で結びつけてくださいます。

これを「幸縁(こうえん)」と言います。

この幸縁を授かるために神々に拝礼するのが、縁結大祭の目的になります。

ちなみに出雲地方には前述の「幸縁」に因んだ「五縁」というものが伝来しています。

出雲地方に伝わる「五縁」

美縁(びえん):心身から美しくなる
良縁(りょうえん):素敵なご縁に巡り会える
愛縁(あいえん):愛に包まれたご縁に巡り会える
幸縁(さいえん):ご縁に巡り会い幸せになる
守縁(しゅえん):巡りあったご縁を守ってもらう

縁結大祭についての申し込み方法や詳しい概要については当サイトの以下↓別ページにてご紹介しております。

出雲大社・神在祭「縁結大祭」の受付場所・受付時間・申し込み方法・当日の服装

夜神楽特別祈祷

これはあまり知られていないかもしれませんが、なんと!神在祭の期間中、毎夜19時から「夜神楽特別祈祷(よかぐらとくべつきとう)」という祭典が催されています。

この祭典も縁結大祭と同様に幸縁を授かれる神事となり、八百万の神々と大国主大神に幸縁を祈願します。

尚、夜神楽特別祈祷は一般の参拝者も参加でき、神楽殿の左側のご祈祷の受付で申し込むことができます。

夜神楽特別祈祷に関しても当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社・神在祭「夜神楽特別祈祷」

神等去出祭

神等去出祭は「からかでさい」と読みます。

「神等去出祭」までくると神在祭も最終コーナーを迎え、いよいよ府中の直線へ突入します。

府中の直線は逃げ馬不利の展開で先行馬・差し馬が有利・・と、なんの話をしとるんだ君は。

・・こホんっ!

え~まぁ、つまり神在祭もいよいよ終わりを迎え、つまりは神々が出雲大社での神謀り(会議)を終えられます。

神等去出祭は旧暦10月17日と26日の2回執り行われ、一般的には10月17日の神等去出祭で知られています。

そして神等去出祭とは、「御本殿近くの楼門前で執り行われる祭典」で「八百万の神々がお帰りになられるのを見送る儀式」です。

まずは境内東西・十九社に宿泊されている八百万の神々(2本の神籬)を神職の方々がお迎えにあがり、御本殿前までお送りします。

そして御本殿前で儀式が執り行われます。

この儀式は2回執り行われ、1回目も2回目も同様の所作で執り行われますが、少しだけ目的が異なります。

尚、神等去出祭に関しての詳細も当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

えぇっ?!出雲大社以外の神社でも「神在祭」があるの??

上述した出雲大社の神在祭(会議)が終わったあと、なんと!神々は今度は出雲市内の神社へ行かれます。

その神社が以下↓の神社になります。

朝山神社

  • 住所:島根県出雲市朝山町1404
  • 電話番号:0853−21−2211(朝山森林公園)
  • 主祭神:眞玉著玉之邑日女命(またまつくたまのむらひめ)
朝山神社の神在祭の日程

  • 旧暦10月1日〜10月10日

日御碕神社

  • 住所:出雲市大社町日御碕455
  • 電話番号:0853-54-5400
  • 主祭神 :天照大御神(あまてらす おおみかみ)・神素盞嗚尊(すさのおのみこと)
日御碕神社の神在祭日程

  • 旧暦10月11日〜10月17日

熊野大社

  • 住所:島根県松江市八雲町熊野2451
  • 電話番号:0852-54-0087
  • 主祭神:熊野大神櫛御気野命(くまののおおかみ くしみけぬのみこと)
熊野大社の神在祭の日程

  • 旧暦10月11日

万九千神社

  • 住所:出雲市斐川町併川258
  • 電話番号:0853-72-2032
  • 主祭神:八百萬神 (やおよろずのかみ)
万九千神社の神在祭の日程

  • 旧暦10月17日〜10月26日

その他、島根県の神在祭を執り行う神社

神原神社(雲南市):11月26日
佐太神社(松江市):11月20日~25日、30日、5月20日~25日、31日
神魂神社(松江市):11月11日~18日
多賀神社(松江市):11月25日~26日

かつては神在祭を執り行う神社がもう少し多かったようです。

尚、上述の熊野大社は社伝によると、その昔、神在祭が執り行われていたようですが、時代へ経る過程で、いつの頃からか神在祭が行われなくなったようです。

しかし、平成28年度より神在祭を復興されています。

出雲大社の神在祭に訪れた方で、スケジュール的に少し余裕のある方は是非!上述の神社へも参拝に訪れ「もう1つの神在祭」へ参加してみてください。

きっと、より一層の霊験あらたかなご利益を授かれることでしょう。

神在祭の参拝客数(人出)

神在祭は年々、人出が増加しているそうです。

島根県の調査では平成27年度の神在月(11月)の出雲大社の参拝者の数は57万人を記録したそうです。

正月三が日以外で、この数字は驚異とも言えます。

例年、人出が増加しているので混雑必至となり、島根県及び出雲市では混雑回避対策に追われています。

その混雑回避対策の一環として、神在祭の期間中は出雲大社の周辺付近にも臨時駐車場がオープンします。

しかし、それでも渋滞は避けることができず、駐車場へ入るのに長い渋滞の列に並ぶことになります。

以上のことから、神在祭へ訪れる際はあらかじめ一畑電車の沿線の駅の周辺付近の駐車場へ駐車されて電車・バスで訪れることをオススメいたします。

尚、私的な意見として神在祭でオススメできる出雲大社の周辺付近の駐車場は「島根ワイナリーの駐車場」になります。

島根ワイナリーの駐車場は例年、混雑時期になると無料のシャトルバスを配備して、島根ワイナリーと古代出雲歴史博物館との間を運行させています。

出雲大社の周辺付近の駐車場に関しては当サイトの以下↓の別ページでご紹介しております。

出雲大社の付近・周辺の駐車場一覧 「料金(有料・無料)・営業時間」

出雲大社の駐車場(臨時)の混雑状況「お盆・神在月(10月)・正月(大晦日・元旦)・GW」

出雲大社の「神迎祭」の混雑状況

「神迎祭」は神在祭の最初の祭典であり、神秘的な祭典でもあることから例年、多くの人々が日本全国から訪れます。

つまり、混雑必至の祭典です。

午後19時の神迎祭から始まりますが、夕方近くのまだ明るい時間帯から待っていないと前列での参列は難しいです。

一般の参拝者も参加できますが、大変、厳粛な行事のため、静かに参列することが求められます。

神在祭の混雑状況と混雑回避方法についても当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社の「神在祭」が、どうしても旧暦の10月でなければダメな理由とは?

新暦ではなく、旧暦の10月でなければならない理由は次のような事情が考えられているからです。

「八百万の神(やおよろずのかみ)」は日本海から来られます。

【補足】出雲大社の「神在祭」が、どうしても旧暦の10月でなければダメな理由とは?その神々の案内役は上述の「龍蛇神」として祀られている海蛇です。

この海蛇たちは神在祭において欠かすことのできない存在です。

実はこの海蛇には正式名があり「セグロウミヘビ」と呼称します。

セグロウミヘビと出雲大社の龍と蛇の謎:「龍=龍神?」・「蛇=蛇神??」の秘密・由来・意味・歴史の情報この「セグロウミヘビ」が海岸に漂着しはじめる時期が「日本海が荒れ始める頃」になります。

そして日本海が荒れ始める時期というのが、旧暦の10月頃と言うわけです。

これに神無月と八百万の神々の言い伝えが重なり合い、より信仰深いものとなって現代まで伝わったと考えられます。

上述したように、この海蛇を崇める信仰「龍蛇信仰」が古来、根強く残っています。

龍蛇信仰と龍蛇に関しても当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

えぇっ!?神無月に神様が出雲に集まるのは嘘だった?!

同様に後世に伝わった話としてこんなお話があります。

日本中の神々が出雲に集まるために「各地の神様が留守になる」というのは「出雲御師(おし/日本中を歩きまわって出雲大社を広める活動をする神職)」たちが広めた噂(デマ)だと云われております。

また日本の各地には、「留守神(るすがみ)」と言う神がいて留守神だけは自分の土地を動かずに守っていると云われています。

そして日本各地の留守神というのが「恵比寿神(えびすしん)」と伝えらえています。

この理由は、例年、11月の「戎講(えびすこう/えびす信仰)」によって執り行われる「酉の市(とりのいち)」の影響によるものです。

酉の市も広く民間に根ざした信仰であり、11月に出雲に神々が集うハズなのに恵比寿神が日本各地の土地で盛大に祀られていては辻褄が合わないので、後の世で都合に良いように伝承が換えられた可能性が示唆されるからです。

しかし実際は各地の神様は動くことなく、常にその土地に座して地域を見守っているという見方が色濃く残っているのも確かです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ