出雲大社(IZUMO-OYASIRO)・千家国造館 (SENGE-KOKUSOUKAN)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASIRO)・千家国造館 (SENGE-KOKUSOUKAN)

出雲大社(IZUMO-OYASIRO)・千家国造館 (SENGE-KOKUSOUKAN)

千家国造館の読み方 

出雲大社の境内は、少し難しい読み方をする「お社」や「鳥居」などが点在しています。

ちなみに、この千家国造館は、「せんけ くにつくりかん」や「せんげ こくぞうかん」ではなく、「千家国造館(せんげ こくそうかん)」と読みます。

本来「国造」は、”くにつくり”や””こくぞうと呼称されることが多いのですが、出雲地方では、国造を「国曹」とも書くようで、あくまでも「こくそう」と呼称しています。

千家国造家(千家国造館)とは?

出雲大社の隣に、「出雲国造家(いずもこくそうけ)・千家国造館(せんげこくそうかん)」があります。

千家国造館の場所は、出雲大社の境内にある「神楽殿」を南にでて直ぐ右にあります。

千家国造館の門には、大きな注連縄がかけられていますが、出雲大社の宮司の住まいです。

千家氏の先祖は、出雲氏で、天照大御神の第二子「天穂日命(あめのほひのみこと)」を祖とし、代々出雲国造、出雲大社宮司、出雲大社教管長の職を行っている氏族です。

詳しくは崇神天皇の頃に成立し、天穂日命の11世代経た孫の「宇迦都久怒(うかつくぬ)」が初代の出雲国造と伝わっています。

以降、現在まで世襲制で国造家は続き、現在の国造は第84代「千家尊裕国造」で、2002年に国造に就任しています。

ちなみに、千家尊裕国造の長男の「千家国麿(せんげ くにまろ)氏(現:出雲大社の権宮司)」が、「高円宮憲仁親王の第二女子(典子女王)」と結婚されました(2014年10月5日)。

このニュースは明るい話題として日本中を沸き立たせました。

「出雲国造家」と「出雲国造」の歴史と由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「出雲国造(いずもこくそう)」は、律令制度の一環で生み出された官職のことを指し、これは出雲国(現在の島根県東部)を支配した、世襲制の「地方官(国造)」です。

出雲国造は、該当の地方の支配(管理運営)と、その土地の祭祀(神事/祭典)のすべてをも管理しました。

他に同じ島根県の松江市南部(意宇郡/おうぐん)の郡司(ぐんじ)も兼任し、出雲国造の地位とは当時では、天皇からも一目を置かれた高位の官職でした。

ちなみに国造を現在でわかりやすく説明すれば「市長」や「県知事」のことを指します。

そして、その氏族の長が、代々、出雲大社の祭祀と、「出雲国造の称号」を受け継いだそうです。

【補足】出雲国造の起源とその後

出雲国造は、崇神天皇の頃から配置された官職と云われております。設置された後、時代を経るごとに国造と言う官職が消滅して行き、最後には出雲国造を含めた「紀伊国造」、「阿蘇国造」のみが残っていくことになります。

室町時代では国造家内で争いが勃発し、皇室が南北の2つに分裂した「南北朝時代(1336年〜1392年)」に、権力闘争が起こりました。

しかし、当時の守護代が職務の平等な分担化をすることで、両者を和解させました。

それ以降(1340年頃)「千家」、「北島」に分かれて、それぞれが出雲国造を名乗るようになり、19世紀の後半(幕末)まで、出雲大社の祭祀職務を分担し「偶数月の祭典は北島家」「奇数月の祭典は千家」として執り行っていました。(神在月は北島家)

明治時代になると、千家氏・北島氏は「男爵」として遇されていました。

しかし、出雲大社は、神社本庁の傘下になったため、千家氏は「出雲大社教(いずもおおやしろきょう)」、北島氏は「出雲教」として、それぞれの宗教法人を主宰して分かれ、出雲大社の宮司は千家氏が行っています。

戦後は、神社の国家管理はなくなって、出雲大社は神社本庁包括に属する別表神社となりました。

千家氏は、宗教法人出雲大社教の宗祀として宮司を担い、現在に至っています。

「出雲大社教」と出雲大社の関係

全国各地にできた、布教活動の信仰組織を結集統合したものが、出雲大社教の起源で、1873年に当時の出雲大社の「千家尊福(せんげ たかとみ)宮司」が創設した教団です。

1882年の「神官教導職分離令」で、神職の布教活動が禁止されたため、出雲大社より独立して別組織となりましたが、1951年に出雲大社は国家管理を離れたため、1882年の分離令は失効しました。

その後は、出雲大社に復帰合併して、出雲大社の職員が、出雲大社教の職員を兼ねています。

「千家国造館」へのアクセス・行き方

「千家国造館(せんげこくそうかん)」は出雲大社の境内、向かって西側の脇にあります。
(神楽殿の向かって左脇です。)

※出雲大社の境内の案内図は、当サイトの以下↓の別記事にてご案内しておりますので、ソチラをご覧くださいませ。

千家国造館のお問い合わせ先(住所・電話番号・公式URL)

「千家国造館」の住所

  • 島根県出雲市大社町杵築東宮内240
電話番号

  • 0853-53-2003
出雲大社教のURL

  • http://www.izumooyashirokyo.or.jp/index.html
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ