出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・素鵞社(SOGA-NO-YASHIRO)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・素鵞社(SOGA-NO-YASHIRO)【重要文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・素鵞社(SOGA-NO-YASHIRO)【重要文化財】

創建年

  • 不明
  • 推定:1667年頃(寛文年間)
再建年

  • 不明
  • 推定:1744年-1745年頃(延享元年-延享2年)※江戸時代中頃
社殿の大きさ

  • 桁行(奥行)二間(約4m)
  • 梁間(横幅)二間(約4m)
階隠の大きさ(階段部分)

  • 桁行(奥行)一間(約2m)
  • 梁間(横幅)一間(約2m)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 妻入

※大社造り

屋根の素材

  • 檜皮葺
重要文化財登録指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日
社格

  • 摂社

※「摂社(せっしゃ)」=本殿の神様と関連する神様をお祀りしているお社です。

御祭神

  • 須佐之男命(素戔嗚尊)

素鵞社読み方

素鵞社」という漢字は古風というか少し変わった字体をしており、読むときにどのようにして読むのか、迷う方が多いのですが、「素鵞社(そがのやしろ)」と読みます。

また地元・出雲では「素鵞さん(そがさん)」などと親しみをもって呼称されています。

素鵞社の建築様式造り

素鵞社も出雲大社の御本殿と同様に「大社造り」の社殿となります。

殿舎の周囲には縁が回っており、切妻造りの社殿の前面に同じく切妻の向拝が出入口となって据えられています。

ちなみに千木の手前に見える鬼瓦のような物は何だかお分かりになりますか?

これは「鬼板(おにいた)」と呼称される「棟飾り」になります。

鬼板は鬼の面が無く板状になっていることから、この名前が付されています。

出雲大社・素鵞社(そがのやしろ)の歴史・由来など

「素鵞社(そがのやしろ)」は御本殿の背後の聖山・八雲山の手前、森林の中にある社です。

御祭神は「ヤマタノオロチ」を退治して、現在、熱田神宮に奉安されている御神体「草薙の剣」を最初に手にしたとされる「須佐之男命(スサノオノミコト)」です。

「スサノオノミコト」は「天照大御神」の弟神であり「大国主神」の何世代か前の父神でもあります。

出雲大社の創建当初からの主祭神は大国主大神でしたが、実は鎌倉時代から江戸時代初期まで「スサノオノミコト」が出雲大社の主祭神だったと云われています。

須佐之男命に主祭神が変わった理由は、本地垂迹(ほんじすいじゃく=神仏習合)の影響で、出雲地方にも仏教色が強まったことが理由とされています。

後、大社の境内には仏塔や堂舎が軒を連ねて造営されています。

一見すると神仏習合においても大黒様と大国主大神が紐づき、そのままでも良かったような気がしないでもありません。

しかし、当時出雲大社の祭祀の管理をしていた同じ出雲に位置する「鰐淵寺(がくえんじ)」が「須佐之男命こそが出雲を創造した神であり祀るべきだ」と提唱したためです。

以降、江戸時代の初期まで須佐之男命が出雲大社の主祭神として祭祀されることになりますが、江戸時代の中頃の寛文年間(推定1667年)に、出雲大社では遷宮が執り行われ、大規模な修繕と社殿の造営が行われています。

そしてこの遷宮を期に、幕府へもとの大国主大神へ主祭神を戻すよう懇願して幕府が容認し、この寛文の遷宮時に創建以来の主祭神である「大国主大神」に戻っています。

つまり素鵞社の確かな創建年数は不明ですが、1667年頃(寛文年間)に現在の素鵞社の殿舎が造営され、御本殿から須佐之男命の御神体が遷されてきたと考えられています。

素鵞社(そがのやしろ)の創建年?再建年??の根拠


スポンサードリンク -Sponsored Link-






素鵞社(そがのやしろ)からは創建年?再建年??の根拠となる物が見つかっています。

その物には”延享二年(1745年)6月に造営(建立)”などと書かれ、これは素鵞社から発見された「墨書」に書かれていたそうです。

しかし、すでに上述していますが、年代的に見てこれは再建年(修復した年)を示しているものと考えられます。

本殿・大国主大神が西向きの理由と素鵞社の御祭神スサノオとの関係

「素鵞社(そがのやしろ)」は、御本殿よりも一段高いところにあって、御本殿を見下ろしているようにも見えます。

この場所から「大国主大神」を見守っている、或いは監視しているとの説がありますが、真意はわかりません。

また、逆に大国主大神が西を向いている理由とは、父君であるスサノオに背を向けない為に、西を向いているとも云われています。

その他にもこんな説が囁かれています。

  • 大国主大神は、天孫降臨の際、国譲りによってこの日本の地を放棄したので、天皇と同様に南向きで祭祀されるのを控えた。
  • もともと太古から伝わる殿舎の造りが、現在の西側を向くような形だった
  • 西側からの脅威から日本を守護するため
  • 地形的に西側から見る景色が特に美しいため
  • 大陸から(朝鮮半島)からの脅威から日本を守護するため

・・など、様々な学説があるようです。

しかし、これらの由来は他にもあり、その理由は依然として謎という名のヴェールに包まれたままです。

出雲大社・素鵞社(そがのやしろ)には毎年「砂」が祀られている??

地元では稲佐の浜の砂を「素鵞社(そがのやしろ)」に奉納して、社殿の床下に一年間置いてから持ち帰ると、厄除けなどの御利益があるという言い伝えがあります。

その他、この砂を家の周り(東西南北)に撒くことで邪気を祓ったり、或いは農業をされている方は田畑にこの砂を撒くと豊穣(ほうじょう)のご利益を授かることができるとも云われております。

出雲大社・素鵞社には毎年「砂」が祀られている??ただし上述した1年間とは、1年前の砂が現在、縁下にあると言うことなので、すぐに持ち帰ることができると言うことになります。

そこで、この砂を持ち帰る際には「出雲大社にての決まり事」を遵守する必要があります。

出雲大社の決まり事とは、この砂を持ち帰る際は自らの足でまず、「稲佐の浜(いなさのはま)」まで行って浜辺の砂を採取する必要があります。

その後、その砂を持って素鵞社へ参拝し、その後に始めて現在の素鵞社殿舎の縁下にある砂と「交換する形で持ち帰ることができる」そうです。

尚、稲佐の浜(海)は出雲大社の西方、約1Kmの場所に位置します。徒歩で約10分から15分くらいの距離です。

稲佐の浜には「弁天島(べんてんじま)」と言う写真などでよく掲載されている「島(岩)」があり、岩の上には鳥居と殿舎も造営され神様も祭祀されています。

この弁天島へ参拝するのも兼ねて是非!面倒臭がらずに稲佐の浜まで訪れてみてください。

稲佐の浜 弁天島

実は、素鵞社(そがのやしろ)は強力なパワースポットだった?!

この「素鵞社(そがのやしろ)」は出雲大社の中で、「最も強い神気のある場所」と感じている人々は多いようです。

その理由というのは、素鵞社の裏の巨大な岩にも、御神体であるスサノオがお宿りしていて、そのパワー(波動)があまりにも強く、岩に割れ目(裂け目)が出来てしまったとの伝承もあるようです。

そして、その割れ目から、今も強力なパワーが放出されていると云われています。

「岩」や「石」には古来から、神様が依り代として、お宿り易いと云われております。

現に、伊勢神宮の近くの猿田彦神社の主祭神・猿田彦神は、「二見興玉神社」の海底の大岩にも、お宿りしていて、二見興玉神社では毎年、海底の大岩を掃除する儀式(藻刈神事)が催されているといいます。

確かに、稲佐の浜の砂にしろ、これだけ人々の信仰を集めるお社はそれだけで、強力なパワーが蓄積されているといえます。

したがって、大きなパワー(波動)が発生しているというのは、マンザラでもないといえます。

近年では、「素鵞社」へ参拝する方も増え、その参拝する方の多くは、この「素鵞社」の裏側の岩に触れるためや「とあるご利益」を求めて「裏側」へも訪れるそうです。

出雲大社・素鵞社には毎年「砂」が祀られている??

素鵞社の「とあるご利益」とは?

素鵞社の「とあるご利益」とは、社殿の裏側にまわって社殿に肩を当てると、なんとぉ!「肩コリ」がたちまちのうちに治るそうです。

素鵞社に参拝された際は是非!裏側へも回ってみてください。

ただし、社殿に肩を当てる際はくれぐれも社殿を壊さないようにソッと当ててください。

万が一、社殿にキズを付けたら大変なことになりますので、できれば事前に神職の肩(方..ウフ)に許可をもらうのが最良と言えます。

出雲大社・素鵞社(そがのやしろ)の場所

素鵞社(そがのやしろ)は本殿の裏側の林の奥に位置しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ