出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道(MATUNAMIKI-SANDO)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道(MATUNAMIKI-SANDO)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道(MATUNAMIKI-SANDO)

寄進者

長松院

出雲市指定文化財登録年月日

1985年3月6日

松並木の参道の歴史

勢溜の鳥居をくぐり、祓橋を渡ると「三の鳥居(松並木の参道の鳥居)」ができてきます。

その「三の鳥居」をくぐると、両脇に松の木が整然と並び立つ玉砂利の参道が眼前に出てきます。

この参道が出雲大社が誇る「松並木の参道まつなみき の さんどう )」です。

また、この参道は地元・出雲では別名で「松の馬場」とも呼称されています。

道の両側にある立派な松並木は1624年〜1644年に、出雲松江藩主の堀尾忠氏のご夫人である「長松院(ちょうしょういん)」が、祈願成就の御礼に「松の木・1000本」を奉納されたものと伝えられています。

松の植え替えなども行われており、長松院が奉納した当時の松の木は、60本にも満たない数が現存していると云われており、古い松の木では、400年近い樹齢とも云われています。

この参道は、1983年には日本の名松100選に、そして、1985年3月6日には出雲市指定文化財に指定されています。

ちなみに、この「松並木の参道」は、その昔は、皇族や貴族、「例大祭(れいたいさい/大祭礼)」の時には、「勅使」だけが通ることができる道でした。

現在は、松の木の根を保護するために、参道の両サイドの舗装された道を通るようになっています。

普段の「松並木の参道」は、御本殿を参拝する前に、穢れを祓って静かな心持にしてくれる道です。

しかし例年、この静かな「松並木道の参道」も一際、賑やかに華やぐ時期があります。

毎年、5月14日から3日間行なわれる「例大祭(大祭例)」では「松の馬場」と呼ばれて、「的射祭(まといまつり)」、「流鏑馬(やぶさめ)神事」が華やかに行われます。

松並木の参道の場所

松並木の参道は出雲大社境内の入口となる「銅鳥居」の手前の参道にあたり、また勢溜の鳥居から5分ほど歩いた先に見えてくる祓橋(はらえのはし)を渡った先に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ