出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・会所(KAISHO)【重要文化財】

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・会所(KAISHO)【重要文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・会所(KAISHO)

創建年

  • 1667年(江戸中期)
建築様式(造り)

  • 入母屋造(一重の屋根のある造り)
  • 板壁・簓子下見板張
  • 正面階隠一間(昇殿時の階段入口が約2m/階段に突き出した屋根を付けるため、両脇に柱を付けた造り)
屋根造り

  • 銅板葺
  • こけら葺
大きさ

  • 桁行(奥行):16.9m
  • 梁間(横幅):10.2m
重要文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日

出雲大社会所の読み方

出雲大社の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、会所は「かいしょ」と読みます。

出雲大社・会所の見どころ・歴史・由来

「会所」は松並木の参道を通り抜けた銅鳥居の手前の右側のさらに奥の「杵那築(きなつき)の森」の中にあります。

会所の前には、大きな「ムスビの御神像」が立っており、注目度の薄い建物ですが2004年(平成16年)7月6日に国の重要文化財の指定を受けています。

一般的に「会所」とは、人が集う場所ということで「公的な集会所や事務所」として用いられ、これを「会所」と呼称しています。

出雲大社の「会所」も同様に、神職が神事の前の身支度や、特別高貴な参詣者への接待、連歌の催しなど、様々なことに使われたようです。

出雲大社・会所の建築様式(造り)

出雲大社は江戸時代中期(寛文・延享)に境内で大改修が執り行われています。

会所は、その江戸期における際の数少ない遺構として国の重要文化財の指定を受けています。

会所、正面の「隠し(はしかくし)」は殿舎における「向拝部分」にあたり、これは「階段を隠す屋根」という意味を持ちます。

四辺は「簓子下見板張(ささらこしたみいたばり)」で造営されており、これは江戸時代の町家建築に広く用いられた江戸時代を象徴する建築様式です。

簓子下見板張は古い建築様式ですが、神宮(伊勢)のおかげ横丁を例として、平成の現代でも見かけることができます。

この会所はもともとは境内の荒垣内の東南の「神コ殿(神祜殿/しんこでん)」の位置に建てられていましたが、1943年に現在の場所に移築されました。

尚、本殿遷座祭後の遷宮事業で出雲大社境内外に点在する摂社・末社についても修造が進められています。

「会所」は2013年12月に修造を開始して、現在の銅板葺きから本来の栗材のこけら葺きに替える計画で進められています。

出雲大社・会所の場所

すでに上述しておりますが、出雲大社の会所は「杵那築の森」の中に位置します。

詳しくは銅鳥居を正面に見て、銅鳥居手前右脇の奥に位置します。

会所の前には「ムスビの御神像」が建っており、その奥に位置します。

まわりが木々に囲まれていますので少し分かりにくかもしれません。

神苑の奥からも行くことができます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ