出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・銅鳥居(YON-NO-TORI)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・銅鳥居(YON-NO-TORI)【重要文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・銅の鳥居(YON-NO-TORI)【重要文化財】

造営年

  • 1666年(寛文6年/江戸時代中頃)
重要文化財指定年月日

  • 2004年(平成16年)7月6日
大きさ

  • 高さ6m
  • 柱の直径:52cm
材質

  • 銅製
鳥居の形式

  • 明神鳥居
寄進者

  • 毛利綱広(2代目長州藩主)

出雲大社・銅鳥居の歴史・由来

「銅鳥居」は、出雲大社の「四の鳥居」で、境内中心部への入口となる鳥居です。また、「銅製の鳥居」としては、日本における最古の鳥居になります。

実は、現在のこの鳥居が建つ前には、別の鳥居が建っており、豊臣政権では秀吉の五大老の一人で、関ヶ原の戦いで西軍の総大将として擁立された「毛利輝元(もうりてるもと)」が1580年(天正8年)に寄進した鳥居が建っていました。

その後、1667年(寛文7年)の出雲大社の造営に合わせて、1666年(寛文6年)に長州藩の第2代目藩主の「毛利綱広(もうりつなひろ)」が、損傷のひどい鳥居を青銅の鳥居に造り直したものだそうです。

ちなみに、毛利綱広は、毛利元就のひ孫にあたります。

現在の鳥居には銘文(めいぶん)が刻まれており「素戔嗚尊者雲陽大社神也」と刻まれています。

この銘文の意味合いは「素戔嗚尊(すさのおのみこと)こそが雲陽大社の神である」と訳され、すなわちこの鳥居が奉納された当時の御祭神は、大国主大神ではなく「スサノオノミコト」だった言う意味合いになります。

雲陽大社の”雲陽”とは、ご察しととおり出雲大社のことを指し、雲陽の意味合いとは「伊勢にご座す天照大御神と並ぶほどの大神を祀った”大社”である」ということを強く示唆しています。

なお、ここでの「雲」とは、月神である「月読尊」を指し、「陽」とは太陽神である「天照大御神」を指すものと考えられ、つまりは「夜の世界と太陽(昼)の世界を統べるほどの大神を祀った大社である」とも受け取れます。

銅鳥居の柱に注目!

ちょっと少し離れてこの鳥居をご覧ください。

鳥居の柱の中央部分が少し膨らんで見えませんか?

これは法隆寺の回廊などに見られる「エンタシス様式」で造られているからです。

「エンタシス様式」とは、古代ヨーロッパのパルテノン神殿(ギリシャ)などに見られる「ルネッサンス様式の建築技法」のことであり、人間の視覚の注目点となる柱の中央部を膨らませることによって、建造物に豪壮感と威厳を持たせています。

尚、この銅鳥居は2004年(平成16年)7月6日には国の重要文化財の指定を受けています。

えぇっ?!出雲大社の御祭神は実は「素戔嗚尊」だった?!

実は出雲大社の御祭神は、創建された神話の時代から大国主大神でした。しかし時代は定かではありませんが、およそ鎌倉時代に「素戔嗚尊」に御祭神が変わっています。

素戔嗚尊に御祭神が変更になった理由とは、神仏習合の煽りを受け、当時、出雲地方を総括していた「鰐淵寺(がくえんじ/出雲大社を管理していた別当寺)」が素戔嗚尊こそが出雲の国を造った真の主であると提唱したのが広まったからだと云われております。

以降、しばらくは素戔嗚尊の御祭神時代が続き、出雲大社の境内には堂舎や仏塔が立ち並びました。この中には、なんとぉぅっ!仏式の代表格ともなる三重塔までもがあったほどです。

しかし、江戸時代初期(1661年から1672年/寛文4年から寛文5年)の遷宮(せんぐう)時に当時の出雲国造が「遷宮を機として創建当初の神である大国主大神に戻して欲しい」と、幕府に申し立てて、それが容認されて大国主大神に戻っています。

出雲大社・銅鳥居の場所

出雲大社・銅鳥居は松並木道の参道を進んだ奥、手水舎のスグ後方に位置します。この銅鳥居を潜った先は瑞垣が張り巡らされ、神域の威容を感じ取ることができます。

ちなみに出雲大社では、この銅鳥居とその周囲に張り巡らされた瑞垣の内側を”境内(けいだい)”と呼んでいます。通常、境内といえば神域すべてを指すものですがこのあたりにも出雲大社独自の文化というのか、太古から確かに存在してきたという孤高の気高さや息吹が感じ取れます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ