出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・御慈愛の御神像(GOJIAI-NO-GOSHINZO)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・御慈愛の御神像(GOJIAI-NO-GOSHINZO)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・御慈愛の御神像(GOJIAI-NO-GOSHINZO)

この像は、御慈愛(ごじあい)の御神像と呼ばれる像です。出雲大社の社務所(境内の御守り所とは別の建物)の前に建てられています。

大国主大神が登場する神話の中でも最も有名で、かつ、多くの方が知っている「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」を現したものです。

御慈愛の像は何を表現した像??

この兎の像と大国主大神の像は、袋を背負った大国主大神が、傷ついたうさぎに手を差し伸べているシーンを表現したものです。

大国主大神の背負っている袋の中身には、私たちの苦難や悩みなどが入っているとされ、また、私たちの身代わりとなり、苦悩や苦しみを背負っているとも言われます。

「御慈愛の御神像」の「御慈愛」とは、親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情のことです。

そのような深い愛情で傷ついたうさピョンに接し、かつ、人々の苦難を1人で背負う、大国主大神という偉大な神様の姿を「御慈愛の御神像」は伝えています。

大国主大神とは?

大国主大神とは、「おおくにのぬしのおおかみ」と読み、『国土を治める偉大な神』という意味合いがあります。

この神様はもとは人間でしたが、苦難を乗り越えて日本大陸を発展させ、現在、日常的にみられるような日本大陸の基礎を創造した人物(神)です。

のちに天照大御神に自らが創造した日本大陸を譲渡し(国譲り)、自らは幽世(常世/とこよ・隠世/かくりよ)の主人となって人間の目には見えない「幽れたる神事」を司る存在になっています。

その「幽れたる神事」の代表例となるものこそが、神在祭にて神々が境外の”上の宮”で行う「縁結びの会議」に相当するものです。

なお、大国主大神には別名が多数あります。おそらくこの神様ほど別名を持つ神様いないでしょう。

有名どころでは、「大己貴神(おおなむち)」という名前があり、”大”は「偉大」、”な”は「土地」、むちは「貴い(とうとい存在)」の意味があります。これはすなわち国土の繁栄に尽くした功績を讃えた名前になります。

その他の大国主大神の別名

 葦原色許男神(あしはらしこのおのかみ)※勇猛果敢で強い精神を持つ神

 幽冥主宰大神(かくりごとしろしめすおおかみ)※幽世の主

 八千矛神(やちほこのかみ)※武威が抜きん出た神

 大物主神(おおものぬしのかみ)※物事を主宰する神

 兵主神(ひょうずのかみ)※中国の武神が起源。武を司る神とされる。

..etc

御慈愛の御神像の場所(地図)

御慈愛の御神像は銅鳥居の手前左側、社務所の前にあります。

関連記事: 島根県・出雲大社の境内の詳細「案内図(地図・マップ)」(ダウンロード可能)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ