出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・彰古館(SHUKOKAN)【登録有形文化財】

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・彰古館(SHUKOKAN)【登録有形文化財】

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・彰古館(SHUKOKAN)

創建年

1914年(大正3年)

建築様式(造り)

木造2階建、切妻階隠し付き

屋根の造り

銅板葺

大きさ(面積)

約50坪(165㎡)

登録有形文化財指定年月日

2015年(平成27年)11月17日

発願者

出雲大社

出雲大社彰古館の読み方

出雲大社の境内には、いくつか難しい名前の「御祭神」や「社殿」があります。

そしてその内の1つとなるのが、この「彰古館」であり、読み方は「彰古館(しょうこかん)」と読みます。

ところで・・「彰古館」の「彰古」の意味とは?

彰古館は少し変わった名前をしていることから、言葉の意味に疑問を抱かれた方も多いと思われます。

まず彰古館の「彰」とは、「明らかにする(はっきりさせる)」「世間に知らせる」などの意味合いがあります。
代表例として「表彰状(ひょうしょうじょう)」があります。

一方、「古」は説明するまでもなく「いにしえ」「ふるい」」「過去」などの意味合いです。

これらを合わせると「古い過去の遺産を広く世間に公開する」などの意味合いになります。

出雲大社・彰古館の役割と歴史


スポンサードリンク -Sponsored Link-






出雲大社・彰古館は1914年(大正3年)に、出雲大社の宝物館として造営されています。

現在は銅鳥居の右脇に宝物館が新設されていますので、あまり目立たなくなっています。

彰古館の役割りとは、出雲大社に伝わる各種資料を陳列・展示するための建物です。

館内には「大小の大黒様」、「えびす様の木造彫刻」や、「神楽用の楽器類」、「出雲大社の1/30分のサイズの模型」さらに神社に伝わる古文書類も多数展示されています。

出雲大社・彰古館の入場料金・営業時間・定休日

  • 拝観料:200円
  • 営業時間:8時30分から16時30分
  • 定休日:無休
出雲大社・彰古館のお問い合わせ先

  • 住所:島根県出雲市大社町杵築東195
  • 電話番号:0853-53-3100

出雲大社・彰古館の建築様式(造り)

建物は、水はけをよくするために周囲よりも石積で一段高くした「亀甲積基壇(きっこうづみきだん)」に建てられた木造2階建てで、屋根は入母屋造の銅板を葺(ふ)いたものです。

亀甲積基壇」とは?
亀甲積基壇」とは、六角形に整形した切石を、亀の甲羅の模様に似せて甲羅型に積み上げたものです。

建物正面中央には一間(約2m)の切妻造の階隠し(玄関)が据えられています。

二階部分は部屋面積を減らして、縁側と欄干(らんかん/手すり)を周囲に回し、安定した外観にしています。

外観は、出雲大社境内の社殿群と似せて、杉材(スギ)を用いた質素な白木造りで造営されています。

屋根の先が特に特徴的で、出雲大社境内に建造物にはあまり見られない、「軒反り(のきぞり)」が見受けられます。

軒反りは遠目から見るとよく分かります。実に美しい均等のとれた外観をしています。

いずれにしても神社の代表格・出雲大社境内の建造物とは思えない、かなり仏教的な要素がチラついた建造物です。

尚、平成27年7月17日に開催された国の文化審議会にて「出雲大社彰古館」を「国登録有形文化財(建造物)」に登録するよう文部科学大臣に答申されています。

そんな経緯があって2015年(平成27年)11月17日に、正式に国の建造物登録有形文化財の指定を受けています。

出雲大社・彰古館の場所

出雲大社の彰古館(しょうこかん)は、ご本殿の北西後方に位置しております。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ