出雲大社のお次はココ!石見銀山の観光「入場料金・観光所要時間・見どころ・見学コース(地図・マップ付)・混雑状況(口コミ・評判付き)・服装」など

スポンサードリンク

出雲大社のお次はココ!石見銀山の観光「入場料金・観光所要時間・見どころ・見学コース(地図・マップ付)・混雑状況(口コミ・評判付き)・服装」など

出雲大社のお次はココ!石見銀山の観光「入場料金・観光所要時間・見どころ・見学コース(地図・マップ付)・混雑状況(口コミ・評判付き)・服装」など↑石見銀山・羅漢寺と石橋

統計的に見ていると、出雲大社の参拝へ訪れた方の、じつに半数以上の方が、出雲大社以外にも、島根県内のロケーションを観光してから、帰途についているそうです。

そこで、出雲大社へ訪れた方が次にどこへ行くのかを調べたところ、やはり、多かったのが「世界遺産・石見銀山」です。

以上のことから、以下では「世界遺産・石見銀山」での、イチ押しの観光スポットの見学コースや、石見銀山を全般的にご紹介したいと思います。

ぜひ、石見銀山へ訪れた際は、参考にしてみてください。

まず・・石見銀山の読み方から

多くの方が「石見銀山」の読み方に迷うようですが、「いしみぎんざん」と読んでいませんか?

正式には「いわみぎんざん」と読みます。

石見銀山の観光地図(MAP)※PDFダウンロード

引用先:石見銀山世界遺産センター

石見銀山の入場料金

石見銀山の入場料金は、基本的に無料です。
しかし、石見銀山内の主要な施設に入場するときにだけ、入場料金を支払う必要が出てきます。
以下をご参考にしてください。

世界遺産センター
入場料金:個人
大人:300円
小人150円
入場料金:団体
大人250円
小人100円
障害者
大人無料
小人無料
外国人割引
大人200円
小人100円
営業時間
3月~11月 9:00~17:30(受付17:00まで)
12月~2月 9:00~17:00(受付16:30まで)
ペットの入館について
不可
休館日
最終週の火曜日・年末年始
龍源寺間歩
入場料金:個人
大人:410円
小人200円
入場料金:団体
大人300円
小人150円
障害者
大人無料
小人無料
外国人割引
大人200円
小人100円
営業時間
3月~11月 9:00~17:00(受付17:00まで)
12月~2月 9:00~16:00(受付16:30まで)
ペットの入館について
リードで一緒に見学可能
休館日
年末年始
五百羅漢
入場料金:個人
大人:500円
小人300円
入場料金:団体
大人400円
小人200円
障害者
大人300円
小人無料
外国人割引
無料
営業時間
9:00~17:00(受付17:00まで)
ペットの入館について
ゲージに入れる、もしくは抱えて見学
休館日
年末年始
代官所地役人・旧河島家
入場料金:個人
大人:200円
小人100円
入場料金:団体
大人150円
小人50円
障害者
大人150円
小人50円
外国人割引
大人100
小人無料
営業時間
9:00~16:30(受付17:00まで)
ペットの入館について
不可
休館日
年末年始
重要文化財・熊谷家住宅
入場料金:個人
大人:500円
小人100円
入場料金:団体
大人400円
小人80円
障害者
大人300円
小人無料
外国人割引
大人100
小人無料
営業時間
9:00~17:00(受付16:30まで)
ペットの入館について
入口(受付)で預けて見学
休館日
年末年始
石見銀山資料館
入場料金:個人
大人:500円
小人200円
入場料金:団体
大人400円
小人150円
障害者
無料
外国人割引
大人100
小人無料
営業時間
9:00~17:00(受付16:30まで)
ペットの入館について
不可
休館日
年末年始
勝源寺
入場料金:個人
大人:400円
小人:100円
入場料金:団体
大人350円
小人無料
障害者
無料
外国人割引
無料
営業時間
9:00~17:00(受付16:30まで)
ペットの入館について
不可
休館日
年末年始

石見銀山の割引情報

共通チケット

  • 石見銀山資料館
  • 熊谷家住宅
  • 旧・川島家
  • 石見銀山世界遺産センター

の4施設で使用できる割引チケットになります。

  • 有効期間:2日間
  • 料金:1000円
  • 販売場所:上記4施設の窓口

石見銀山WAONカード

このカードは郊外型ディベロッパーで有名な「イオンモール」でお馴染みのイオングループが発行する電子マネーカードです。

このカードは世界遺産めぐりを主として作られていますので、世界遺産指定を受けている施設やスポットに訪れて、このWAONカードを窓口へ提示することで、割引サービスや特典サービスを受けることができます。

石見銀山WAINカード販売場所

大田市観光協会
石見銀山世界遺産センター

石見銀山の観光所要時間

石見銀山の観光所要時間↑「石見銀山カフェ・山桜」

石見銀山内の観光の所要時間は、石見銀山内でどれだけの観光スポットを巡るかによって所要時間が変わってきます。

通常、石見銀山を観光するときは、1日がかり(6時間から7時間ほど)で観光をします。

理由は以下の通りです。

  • 石見銀山にたどり着くまでに、それなりに時間がかかっている(1時間から2時間ほど)
  • 石見銀山内には2つも広いエリアがある、その中に観光スポットが多く、1日がかりでないと回り切れない
  • 石見銀山内の1つのスポットに対して、それなりの所要時間がかかる。(坑道を奥まで歩くため)
  • 曜日によるが、石見銀山の駐車場へ駐車をするだけで「1時間待ち」という日も多々ある。(特に土日祝日・GWなどの連休)

などが理由となります。

しかし、主要な観光スポットだけをまわるのでしたら、3時間から4時間くらいで切り上げることは可能です。(ゆっくりはできません。)

石見銀山の混雑・渋滞状況


スポンサードリンク -Sponsored Link-






石見銀山内は、平日は比較的空いていますが、午前11時頃から午後15時頃の間に観光ツアーのバスが到着しますので、この時間帯は混雑します。

土日祝日の石見銀山の混雑状況

土日祝日の石見銀山内は、上記の時間帯は大混雑とまでは行きませんが、至る場所に人がいます。

場所によっては、前の人で中見えないので、並んで待つこともあります。

連休(GWなど)の石見銀山の混雑状況

GWなどの連休で車で訪れるのであれば、石見銀山内へ入るまで道や、石見銀山の駐車場待ちの渋滞で半日が過ぎます。(山内の道路まで渋滞の列が及びます)

平日の石見銀山の混雑・渋滞状況

ちなみに、石見銀山の駐車場は平日でも満車になります。

したがって、GWなどの連休は、車は沿線の駅へ駐車しておき、そこからパークアンドライドで、シャトルバスや電車に乗り換えるのが賢明です。

電車の場合は、山陰本線・JR大田市駅の周辺・付近の駐車場へ車を止めてそこから、バスかタクシーでアクセスします。

※仁万駅は、バスの本数が少ないので、大田市駅でご案内いたします。

大田市駅前からタクシーで石見銀山へアクセスする場合

  • バス所要時間:約30分(代官所跡バス停下車)
  • バス料金:560円

大田市駅前からタクシーで石見銀山へアクセスする場合

※駅前ロータリーのタクシーのりばからタクシーへ乗車

  • タクシー所要時間:約20分(渋滞は別)
  • タクシー料金:約3000円

石見銀山内ではレンタサイクルできる!

他にも、観光するロケーションがある場合は、石見銀山内で自転車をレンタルすることもできます。(レンタサイクル

レンタサイクルされる際、注意すべきことが1つあります。

注意とは、石見銀山のエリアは坂道(上り坂)がほとんどです。

したがって、足の筋力に自信がない場合や、次の行動が控えている場合は、「電動アシスト自転車」をレンタルしたほうが無難です。

石見銀山レンタサイクル店・一覧

貸自転車・弥七

営業時間:8時30分から17時まで(冬期は変更あり)
電話番号:080-4264-0087
定休日:不定休

レンタサイクル河村(河村石油店)

営業時間:8時30分から17時まで(冬期は変更あり)
電話番号:0854-89-0633
定休日:不定休

石見銀山レンタサイクル料金(共通)

普通自転車:3時間500円(以降30分ごとに100円)
電動自転車:2時間700円(以降30分ごとに200円)

少し変わったレンタサイクル「ベロタクシー」

石見銀山内には「ベロタクシー」と呼称する少し変わったタクシーが運行しています。

このタクシー何が変わっているのかと言いますと・・ぬぅぁんとおぅ!「自転車タクシー」なんです。

画像引用先:http://www.kankou-shimane.com/

後部に大人2人ほどが優に座れますので、ボッチなコノヤローだけでなく「女2人の女子旅」にも最適です。

ベロタクシーのりば

銀山公園、新切間歩、大森代官所跡など

ベロタクシー料金

初乗り500m 300円(子供200円)※小学生まで子供料金、3歳以下無料
100m超えるごとに50円(子供は30円)上乗せ

走行中の観光ガイドもお願いできる!(オプション)

ベロタクシーへ乗車することで運転手の方に石見銀山の観光ガイドをお願いすることができます。

  • ガイド料金:1人あたり300円

※石見銀山は観光ガイドがないと楽しみが半減します。鉱山や洞窟といった景色だけ観ても面白みが薄れるからです。

ベロタクシーの営業時間・お問い合わせ先

営業時間:9:00〜17:00(天候により運休の場合があり)

定休日:悪天候時
TEL:080-1645-0212
URL:http://linus-one.com/

ベロタクシーの料金の参考例

銀山公園から龍源寺間歩まで:片道2100円(1人)
大森代官所跡から銀山公園まで:片道1200円(1人)

石見銀山の見学コースと見どころ(地図・マップ付)

以下では、じっくりコースと、主要な観光スポット(見どころ)を巡るコースとで分けてご紹介をいたします。

石見銀山は主に以下のようなエリアに分かれています。

大森地区

大森地区にはカフェや土産物屋さん、江戸時代の代官所、武家屋敷などが立ち並びます。

銀山地区

銀山を掘り出すために掘った洞窟や鉱石を鍛えるための製錬所、山の神を鎮めるために造営された寺社があります。

 

以上、銀山地区を観て、帰りに大森地区で買い物やカフェを楽しむという観光コースが石見銀山の鉄板の観光方法です。

以下ではこれらの大森地区と銀山地区を効率よく回るコースをご紹介しています。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

主要なスポットを巡って、サッサと次のロケーションへ行くコース

 石見銀山公園
まず、スタート地点は「石見銀山公園」」です。石見銀山公園は「大森地区」と「銀山地区」の間に位置し、石見銀山における中心的な地点になります。石見銀山観光におけるスタート地点となります。

↓徒歩約30分ほど

 龍源寺間歩(見学所要時間30分~40分くらい)
龍源寺間歩」は「りゅうげんじまぶ」と読みます。江戸時代前半に掘り出された洞窟です。かつては銀、銅が採掘されていました。全長600メートルありますが、そのうち160mまでを一般公開しています。

  • 入場料金:大人410円(団体300円)小人200円(団体150円)
  • 入場可能時間:9時から17時まで(12月から2月は16時まで。入場は締切10分前まで可能)

 

出雲大社のお次はココ!石見銀山の観光「入場料金・観光所要時間・見どころ・見学コース(地図・マップ付)・混雑状況(口コミ・評判付き)・服装」など↑石見銀山「龍源寺間歩」

↓再び石見銀山公園へ帰ります。(徒歩約30分ほど+体力消耗分約5分ほどプラス)..グハっ

 石見銀山公園

石見銀山内は専用路線バスが運行しています。石見銀山公園から石見銀山世界遺産センター行きのバスへ乗車。

↓(バス所要時間約7分、バス料金200円(徒歩で頑張った場合約30分))

 石見銀山世界遺産センター(見学所要時間1時間くらい)

石見銀山の歴史が詳しく紹介されています。動画や模型を用いて石見銀山の歴史を詳しく説明しています。

  • 入場料金:大人300円、小中学生150円
  • 営業時間:8時30分から17時30分まで
  • 定休日:毎月最終火曜日
  • 駐車場:あり。無料

世界遺産センターからバスへ乗車して大森地区の好きなバス停で下車。オススメは「大森代官所」です。大森代官所前バス停下車スグ。

↓(世界遺産センターからバス所要時間約8分。バス料金240円。)

大森エリア(お土産・買い物・ランチなど。滞在時間1時間30分くらい)

  • 群言堂(BURAHOUSE本店)
  • 御前そば
  • 銀の店

石見銀山公園

石見銀山内をじっくりと観光するコース

石見銀山内をじっくりと観光するコース↑石見銀山資料館(旧大森代官所跡)

石見銀山公園
↓徒歩約30分
龍源寺間歩
↓徒歩約15分

 清水谷製錬所跡(見学所要時間:15分程度)
1894年(明治27年)に完成した製錬所です。製錬とは、目的の鉱石の純度を高めるために余計な金属をそぎ落とす場所です。当時では破格の金額を投資して造営されましたが結局、思った以上に採掘されずにわずか1年半程度で閉鎖されています。

石見銀山・「清水谷製錬所跡」↑石見銀山・「清水谷製錬所跡」

↓徒歩約15分

石見銀山公園

↓(徒歩約2分)

 羅漢寺(五百羅漢)

1736年~1740年(元文年間)に、当時の大森代官所の役人によって造営された歴史ある寺院です。
銀や銅の採掘量が激減し、銀山で暮らす人々が苦しくなった時に造営されたようです。
以後、役人たちはこの寺に羅漢像を奉納し、人々の幸福を願ったそうです。その結果、以前にも増して採掘量が増加しました。
現在、この羅漢寺の境内には500体の羅漢像が安置されています。苦しみに満ちた像や笑っている像などがあり、同じ顔の像はないと言われ、自分の顔に似ている像が1体はあるとも囁かれています。


(バス所要時間約8分)

 旧・河島家(武家屋敷)

石見銀山には、武家屋敷がいくつかあります。これらの武家屋敷は大森代官所へ勤めた役人たちが住んだ屋敷になります。この屋敷の主・河島家は代々、大森地区と銀山の運営を担っていた家柄です。1800年頃に造営され以後8代に渡り256年、銀山の役人を務めています。大田市指定遺跡の指定を受けている建造物でもあります。

  • 入場料金:200円
  • 営業時間:9時から16時30分
  • 定休日:年末年始

↓(徒歩約6分)

 石見銀山資料館(旧大森代官所跡)

この場所に石見地区の一切を支配していた大森代官所がありました。世界遺産センターほどの規模はありませんが、この資料館にも石見銀山に関連した資料が約500ほど所蔵されています。

またもっともな見どころとなるが旧・代官所の庭園です。枯山水を基調とした見事な庭園が広がっています。

  • 入場料金(団体20名以上)
    大人500円(団体400円)、小人(小中高生)200円(団体150円)
    障害者(手帳保持者)
    大人300円、小人無料
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:年末年始(12月29日~1月4日)or特別展の前後

↓(徒歩で散策しながら石見銀山公園まで戻る)
大森エリア(お土産・買い物・ランチなど。滞在時間1時間30分くらい)

  • 群言堂(BURAHOUSE本店)
  • 御前そば
  • 銀の店


石見銀山公園

石見銀山を観光するときの服装について

石見銀山の坑道の中は、地中にあるために夏場でも温度が低いです。

その気温もなんと!平均5度前後です。

したがって、冬場はさらに厚着が必要です。

夏場は、別で上から羽織るような服装が必要になります。

坑道の中にいる滞在時間は、30分ほどですので、風邪をひくには十分な時間になりますので、くれぐれも服装にはご注意を。

石見銀山で観光案内ガイドをお願いできるの?

石見銀山には、「専門のガイド」がいます。

この専門のガイドは、石見銀山公園内の「大田市観光協会前」の隣に「石見銀山ガイドの会」という「石見銀山の総合ガイド(無料・有料)」をされている団体があります。

このガイドさんに観光ガイドを頼むと、より詳しく古来からの石見銀山の歴史を知ることができます。

しかし、問題となってくることがあります。

それはガイドの値段です。(ガイド料金とガイド時間は以下↓)

  • 3時間未満:5000円
  • 3時間以上:5000円~(以降1時間毎に1000円)

少し、高い気もしますが、一生に数回しかない旅行です。出し惜しみは不幸を招きます。

「不幸を招く」とは、どのようなことかと言えば、以下のようなことになります。

 

石見銀山は世界遺産で世界的に有名になりました。

しかし、なんの知識をなく、ただ有名だからということだけで、石見銀山に行けば、「ただの洞穴」と「遺跡」を見ているだけになります。
(「景観」が世界遺産に登録されたのではなく「文化的な価値」で登録がされています。)

つまり「ガッカリした・・」と、いう結果にもなりかねません。

実は、実際にこのような感想を持たれる方も多いのも事実です。

以上のことから、石見銀山に訪れた際は、ぜひ、観光ガイドさんに観光案内をお願いしましょう!

以下では石見銀山の他の有料ガイドや、できるだけ無料に近いガイド、無料ガイドをご紹介しています。

是非、ご参考にしてください。

 石見銀山のボランティアガイド(無料ガイド)

石見銀山の無料案内ボランティアガイド上記では、石見銀山の有料ガイドをご案内しましたが、この「石見銀山ガイド会」は、無料(ボランティア)のガイドも行っています。

しかし、注意点は有料とは違い、定刻の出発時間が設定されており、ガイドコースも有料に比べて短時間となります。

つまり、石見銀山内を観光するコースは有料のコースよりも短くなります。

さらに、時期によっては混雑でガイドをお願いできない場合もありますので、注意が必要になります。

「石見銀山ガイドの会」ボランティアガイドの見学コース・時間

見学コースは下記の2コースとなります。

※各施設への入場料金は別途必要。

世界遺産を巡る~龍源寺間歩コース
  • 出発時間  10:30 or 12:30
  • 見学所要時間  約2時間30分
  • 歩行距離  約5km
江戸時代の面影~町並みコース
  • 出発時間  10:00 or 13:00
  • 見学所要時間  約1時間30分
  • 歩行距離  約1km
「石見銀山ガイドの会」無料ガイド予約について

「石見銀山ガイドの会」の無料ボランティアガイドは事前予約ができません。

従って、当日のみのお申し込みとなります。(申し込み先・方法は最下記↓)

 「石見銀山ガイドの会」のワンコイン有料ガイド

実は、他にも「石見銀山ガイドの会」には、上記のガイドプランを間をとったような「ワンコインガイド」というプランもあります。

ガイド内容は、無料ガイドと、それほど遜色はないのですが、ガイド料金として「500円(ワンコイン)」必要になります。(小学生は100円)詳しくは下記↓まで

「石見銀山ガイドの会」事務局のお問い合わせ先(電話番号・住所など)

住所:〒694-0305 島根県大田市大森町イ824番地3
電話番号:0854-89-0120
営業時間:午前10時~午後5時まで(年末年始)
定休日:基本なし

 レンタサイクルして「音声ガイド」用いて観光を楽しむ場合

昨今、石見銀山でレンタルをされる方も多いです。

この場合、問題となってくるのが「ガイド」です。

そこでレンタサイクルした方用のガイドとして、石見銀山では「ポータブル音声ガイド」というものがあります。

石見銀山ポータブル音声ガイド

音声ガイドレンタル料金:500円(1台)
レンタル可能時間:8時30分から16時30分

レンタル可能場所

石見銀山世界遺産センター、石見銀山公園、大森代官所前広間観光案内所

ポータブル音声ガイドは名前の通り、ポータブルですので携帯ができます。

 ケチでボンビーには朗報!!「こんなガイド機器」

万年ボンビーでさらのその上、ケチな方はガイド案内を無料でダウンロードすることもできます。

ただし、この方法だと「スマートフォン」が必要になります。

詳しくは「世界遺産ガイドアプリ」というものになります。

このガイドを所持しているだけで該当のスポットへ近づくだけで自動的にガイドしてくれます。

ただし石見銀山のガイド機器に比べると情報量は劣るかもしれません。(自己判断でお願いします)

詳細は以下↓のURLへ

 世界遺産ガイドアプリ:https://media.skydesk.jp/trek/ja/whguide/audio_guide/

石見銀山の口コミ・評判

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ