出雲(IZUMO)・八大荒神社(HACHIDAI-KOU-JINJA)

スポンサードリンク

出雲(IZUMO)・八大荒神社(HACHIDAI-KOU-JINJA)

八大荒神社

創建年

不明
1717年(享保2年)以前

再建年

1778年(安永7年)

建築様式(造り)

  • 本殿
    切妻造
    妻入
  • 拝殿
    入母屋造り
    平入
    正面向拝付き
屋根の造り

本瓦葺

御祭神

玉依姫命

例祭日

10月24日(例大祭)

出雲・八大荒神社の読み方

出雲大社の境内には、難しい漢字の表記で読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、八大荒神社は「はちだいこうじんじゃ」と読みます。
また別名で「仮の宮荒神社」とも呼称するようです。

八大荒神社の名前の由来

八大荒神社は「八大」と「荒神社」に分けて読むことができます。

「八大」は「八大龍王」のことを指し示すようです。

八大龍王とは、竜族の八竜の王のことです。

八竜の王

難陀(ナンダ)
娑伽羅(サーガラ)
和修吉(ヴァースキ)
徳叉迦(タクシャカ)
阿那婆達多(アナヴァタプタ)
摩那斯(マナスヴィン)
優鉢羅(ウッパラカ)

八大龍王は従来から「降雨」や水に関しての厄災消除のご利益を持つ神様として、日本中で祭祀されてきた歴史があります。

また「海の神様」でもあります。

実は神仏習合の時代には「八大荒神」という神様が実際に存在していたようで、日本中の庶民層にまで広がったいた「荒神信仰」と仏教の八大龍王が習合して生まれた神であると考えられています。

ただし、ここで疑問が出てくるのですが、現在の八大荒神社の御祭神は「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」です。

これはどう言うことかと言いますと、八大荒神の名前が残っているということは、江戸時代以前に「八大荒神(八大龍王)」が祭神(ご本尊)として祭祀されていた名残であると考えられます。

明治初頭に公布された「神仏分離令」によって同様のご利益を持つ玉依姫命があてられたと考えられます。

八大荒神社の御祭神「玉依姫命」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






玉依姫命は「大綿津見神(おおわたつみのかみ)」の娘神であり、大綿津見神は海の神様です。

大綿津見神の両親は有名なイザナギ神とイザナキ神です。

玉依姫命と言えば、京都・上賀茂神社の主祭神「賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)」の母親でもあります。

鴨川の淵で洗濯をしていたところ、上流から丹塗矢が流れてきて、この矢に触れると身ごもって賀茂別雷命を生んだと伝わっています。

玉依姫命は巫女の祖先神とされており、芸能や安産、子授けのご利益をもつ神様ですが、上述のように父神の大綿津見神の影響から海のご利益や、鴨川での縁起から川などの水全般に関するご利益をもつ神様でもあります。

以上のように水に関してのご利益があることから「八大龍王(八大荒神)」に成り代わって御祭神として勧請されたのだと考えられます。

出雲大社・八大荒神社の歴史・由来

出雲大社の勢溜から西へ(海の方向へ)約15分ほど歩くとやがて「奉納山」と言う小山が見えてきます。

この山は歌舞伎で有名な「阿国(おくに)の塔」がある場所としても有名です。

そしてこの奉納山にはもう1つ忘れてはいけない見どころがあります。

その見どころこそが「八大荒神社」です。

「八大荒神社」は時代は定かではありませんが「仮の宮荒神社」と呼称されていた時代があったそうです。

以後、江戸時代の初頭まで「仮の宮荒神社」と呼ばれていたようですが、いつの頃からか「八大荒神社」と呼ばれるようになったそうです。

「仮の宮」とは地名のことであり、八大荒神社の住所が「島根県出雲市大社町杵築北仮の宮」になります。

どうように付近に位置する「上の宮」が「仮宮」と別名で呼称されるもの地名が関与しているからだと考えられます。

出雲大社・八大荒神社の境内の見どころと境内社

八大荒神社は単一の神社ではなく、境内には以下のような神社があります。

  • 出雲手斧神社
  • 片山稲荷神社
  • 沖御前神社

八大荒神社の場所と「出雲大社(銅鳥居)から命主社へアクセス(行き方)」

八大荒神社は奉納山の頂上付近に位置し付近に上述の阿国の塔があります。

勢溜から431号線を西へ(海の方角へ)ひたすら歩きます。
しばらくすると右手に入る道が民家の後ろに見えます。手前には「一畑バスのバス停(奉納山入口バス停)」が見えます。

右手奥にはウっすらと鳥居が見えています。この鳥居こそが八大荒神社の入口の鳥居になります。

八大荒神社右折勢溜から八大荒神社アクセス行き方

  • 徒歩での所要時間:約28分
  • 距離:2Km
  • 最寄りのバス停:奉納山入口バス停で下車、徒歩約5分

【補足】おすすめの観光モデルコース

阿国寺出雲阿国の墓八大荒神社大歳社(摂社)上の宮(摂社)下の宮(摂社)稲佐の浜(御砂を採取)⇒因佐神社素鵞社(出雲大社境内/御砂をいただいて持ち帰る)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ