出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道の鳥居(SAN-NO-TORI)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道の鳥居(SAN-NO-TORI)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・松並木の参道の鳥居(SAN-NO-TORI)

造営年

1978年(昭和53年)8月

大きさ

横幅:約10m
高さ:約9m

材質

鉄製

鳥居の形式

明神鳥居

寄進者

古山茂(元・出雲大社近江分祠長)

出雲大社・松並木の参道の鳥居の別名

勢溜の鳥居から参道(神域)へ足を進め、入口右脇の「祓社(はらえのやしろ)」でお清め(お祈り)を澄ますと、いよいよひたすら参道を進むことになります。

しばらく参道を進むとやがて「祓橋(はらえのはし)」とと呼称される橋が出現し、この橋を渡った先にもう1つ鳥居が出てきます。

この鳥居こそが松並木の参道の鳥居であり、別名で「中の鳥居」や「三の鳥居」と呼称される鳥居になります。

出雲大社・松並木の参道の鳥居の歴史

この鳥居は1978年(昭和53年)8月に現在の場所に立てられた鳥居で、奉納者(寄進者)はこの当時、出雲大社の近江分祠長をされていた古山茂氏になります。

実は「島根県・出雲大社」と「出雲大社・近江分祠」とは繋がりが非常に深く、神楽殿前の「日の丸国旗」を奉納したのも出雲大社近江分祠の「此花健児隊」と「健女隊」という団体になります。

そして出雲大社の神楽殿前の日の丸国旗と言えば知る人ぞ知る・・ぬぅあんと!「日本一大きな日の丸国旗」であり、1936年(昭和11年)に寄進された国旗になります。

せっかく出雲大社に訪れたのですから、是非!神楽殿へ立ち寄って間近で国旗を拝んでみてください。

ちなみに出雲大社の日の丸国旗の大きさ、どのくらいか想像が付きますか?

なにせ日本一の国旗です。

よ~く考えてみてください。

 

出雲大社の日の丸国旗についての詳細については当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・日の丸国旗(HINOMARU-KOTSUKI)

出雲大社・松並木の参道の鳥居の造りと素材 

出雲大社には、4つの鳥居があります。

そして、4つの鳥居は、以下のように各々違う素材でできています。

 1つ目の鳥居は「鉄筋コンクリート製(宇迦橋の大鳥居)」

 2つ目の鳥居は「木製(勢溜の鳥居)」

 3つ目の鳥居は「鉄製(松並木の参道の鳥居)」

 4つ目の鳥居は「銅製(銅鳥居)」

この中で、下り参道の先にある「松並木の参道の鳥居」は3つ目の「鉄製」の鳥居になります。

この鉄製の鳥居は、平成の大遷宮の時に塗り直してよみがえっています。

扁額(へんがく)こそ中央に据えられていませんが、現在では美しい茶色の威容感がのぞめます。

大きさは入口の勢溜の鳥居とほぼ同じで横幅が約10m、高さ約9mの鳥居になります。

松並木の参道の鳥居は、2本の柱の上に、水平材である笠木(かさぎ)に接して、その下部に「島木(しまぎ)」が取り付けられた上部2層式の鳥居です。

さらにその水平材の下に貫(ぬき)と呼ばれる柱を固定した一般的な構造をしています。

最上部の水平材(笠木)の両端が少し曲線状に加工されていることから「明神鳥居(みょうじんとりい)」に代表される鳥居になります。

【補足】一般的な鳥居の素材

この鳥居の素材は鉄製ですが、鳥居には、木材、石、鉄パイプ、胴板、鉄筋コンクリート、ジュラルミン、陶磁器、塩化ビニール製等、様々なものがあるそうです。

従って、素材については、重要な意味はなさそうです。

多くは、鳥居を寄付して下さった方の意向で決まるようです。

鳥居の意味するものと「鳥居の起源」について

鳥居は、神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)で、神域への入口です。

一般的には、一つの参道に複数の鳥居がある場合は、一番外側から、「一の鳥居、二の鳥居」と数えます。

鳥居の起源は現代においても定かではありませんが、仏教の伝来以降から神社に立てられるようになったことから仏教の影響と考えられています。

尚、鳥居の起源について現在では以下のような諸説、述べられています。

  1. 古くはインドのとある集落に立てられていた「トラーナ」という門が起源とする説
  2. 中国特有の仏塔である「華表(かひょう)」が起源
  3. 「鳥」を「神霊」と位置づけて、木組みを立てることで鳥を境内へ呼び込み「邪気祓い(清浄な空間を作る」とした説
出雲大社・松並木の参道の鳥居の場所

松並木の参道の鳥居は、祓橋(はらえのはし)を渡った先に立っています。

ちょうど松並木の参道の入口になります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ