出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・仮拝殿(KARIHAIDEN)

スポンサードリンク

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・仮拝殿(KARIHAIDEN)

出雲大社(IZUMO-OYASHIRO)・仮拝殿(KARIHAIDEN)

出雲大社仮拝殿の読み方

出雲大社・仮拝殿は「かりはいでん」と読み、祈りを捧げる神聖な場所になります。

「拝殿」は出雲大社にだけ存在する特殊な建造物ではなく、神社には本殿の前に拝殿が建てられています。

出雲大社の60年ぶりに執り行われた御本殿の修造「出雲大社本殿・遷宮」の際、御神体(大国主大神)は、拝殿を御仮殿として、そこに遷され(うつされ)ました。

そのため、修造期間中(修理期間中)は、新規に仮の拝殿を作って対応しています。

仮拝殿の役割と今後

この仮拝殿は、従来の拝殿の左側に作られ、2008年1月には「御仮殿改修奉告祭」が行われています。

そして、御本殿と瑞垣内の修理が完了した後、2013年5月10日に御神体は御本殿に遷されています。

つまり現在は、「御仮殿」は本来の「拝殿」に戻っていますので、新規に作った「仮拝殿」の建造目的は完了したことになります。

現在は、祈祷の受付所(待合所)として活用されていますが、今後どうするのかについては、まだ決まっていないようです。

出雲大社・仮拝殿の場所

仮拝殿は、銅鳥居をくぐって左手に見える大きな新しい建物になります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ