出雲大社の御朱印の種類・待ち時間・混雑状況・初穂料(料金)など

スポンサードリンク

出雲大社の御朱印の種類・待ち時間・混雑状況・初穂料(料金)など

まず・・御朱印とは?

御朱印の起源は定かではありませんが、少なくとも江戸時代以前から存在したものと考えられています。

昔のお寺では「写経(しゃきょう/経典の一部を自分で書き写す)」をした際に、その引換として「印」を授かりました。

この「印」の呼称を「納経印」や「宝印」と呼称しました。

これが御朱印の起源です。

従って、本来、写経してその代わりとしていただく印ですが、現在ではお金(初穂料)を納める(支払う)だけで印をいただくことができます。

初穂料は様々ですが、大抵は300円です。

明治神宮などの一部の神社では500円、もしくは浅間大社(富士山本宮浅間大社)では2000円というもの存在します。

えぇっ?!江戸時代では御朱印が関所を通る通行証になった?!

これはあまり知られていませんが、江戸時代では関所を抜けるのが一苦労でした。

なぜなら藩や幕府が公認した通行証か、もしくは藩や幕府が公認した組織が発行した通行証が必要だったからです。

中でも特に女性が旅に出るのは一苦労だったようです。

そんな中、お伊勢参りのブームが巻き起こり、伊勢神宮だけではなく、日本各地に神社や寺院へ参拝する人々が増え、通るのが一苦労であった関所も比較的、誰でも容易く通ることが可能になりました。

ただし、関所も勤めがありますので、寺社へお参りにいったことを証明するものがなければ通ることは叶いませんでした。

そこで関所が通行証の証としたのが上述した「納経印(宝印)」です。

この印を見せるだけで、たとえ女性であろうとも容易く関所を通ることができたそうです。

ただし当時の朱印は1人に1つだけ授与されるのが原則でした。

1人が2つ朱印を授かると通行証が2つ存在することになり、寺社へ参拝していない誰かに渡すこともできるからです。

現在では友人の分だということで複数の御朱印帳をお願いする方がいますが、これは基本的はNGです。

やはり御朱印は自分の足で参拝してその帰りに授かるものです。

近年で特に目立つのが「四国八十八ヶ所めぐり」の納経帳(御朱印帳)を大量に購入して1つ1つの納経帳に御朱印をいただきそれを高額で販売している業者もいます。

そしてそれを購入する方々もおられます。

しかしできることならご自分の足で実際に訪れてみてください。

霊験あらたかなご利益とは参道を通って参拝してこそ授かることができるというものです。

出雲大社の御朱印の種類と初穂料(値段)

初穂料とは「はつほりょう」と読み、これは寺院の「お布施」と同じ意味合いを持ちます。

神社ではお布施とは言わず「初穂料」と言います。

出雲大社境内でいただける御朱印の種類


スポンサードリンク -Sponsored Link-






出雲大社・御本殿の御朱印

出雲大社・御本殿の御朱印

参拝の墨書き」が右側、左側には参拝日が同じく墨書きされています。

中央に「出雲大社」の篆書体(てんしょたい)の朱印が押印されています。

神宮と同様、比較的、簡素で質素な御朱印です。古風を重んじる気風と気高さがこの御朱印からも伝わってきます。

出雲大社・神楽殿の御朱印

御本殿とは異なり神楽殿は右側に「奉拝の墨書き」があり、左側には参拝日の墨書きがあります。

そして中央には「出雲大社・神楽殿」の篆書体の朱印の押印があります。

出雲大社・神楽殿の御朱印

出雲大社の御朱印の初穂料(値段)

  • 1つ300円
出雲大社境内の御朱印の授与場所

出雲大社の境内で御朱印をいただける場所は「銅鳥居奥の社務所(御守所)」と「神楽殿」の2つあります。

その他、出雲大社の付近周辺でいただける御朱印

北島国造館

北島国造館は出雲大社の境内のすぐ真隣に位置します。

「北島国造館・四脚門」は国指定の重要文化財の指定を受けています。

北島国造館・四脚門に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

北島国造館の御朱印

北島国造館の御朱印も同様に右側に「奉拝」の墨書きと、左側に「参拝日」の墨書きがあります。

中央には「出雲教」の篆書体の朱印が押印されています。

2つ目・「北島国造館」の押印がされた御朱印

北島国造館の御朱印の初穂料(値段)

  • お1つ300円

天神社の御朱印

「天神社」の押印がされた御朱印北島国造館の敷地内の庭園の池の左側には滝が流れており、滝の前には「天神社(てんじんじゃ)」と呼称する神社があります。(右側池の中央は「天満宮」)

この神社では大国主大神の国造りを助けた「少名毘古那(すくなびこな/少彦名命 )」がお祀りされています。

国造りの際、少名毘古那は医療を担当し、大国主大神は農業などの国造り全般を担当したようです。

国造りで心身ともに疲れ果てた大国主大神を温泉治療によって幾度と救ったと伝わっています。

余談ですがこの時、大国主大神が入浴した温泉こそが「道後温泉(四国・愛媛県松山市)」と云われています。

また神功皇后が少名毘古那の醸造したお酒を寵愛したことから酒造の神様とも云われており、実際に大手酒造会社では少名毘古那を勧請して社殿を造営している会社もあります。

  • 少名毘古那のご利益:医療発展、病魔退散、酒造発展

そして、少名毘古那を祀るこの天神社の御朱印も授かることができます。

天神社の御朱印も同様に右側に「奉拝」の墨書きと、左側に「参拝日」の墨書きがあります。

中央には「天神社」の篆書体の朱印が押印されています。

天神社の御朱印の初穂料(値段)

  • お1つ300円

尚、出雲大社では正月期間中に限定の御朱印が授与されると言う情報をSNSなどで見ましたが正月期間でも御朱印は変わらないようです。

ただし御朱印帳に関しては期間限定もしくは販売数量限定で発売されることがあります。

2016年4月26日から北島国造館にて、100冊のみの売り切りで北島国造館オリジナルの限定御朱印帳が発売されています。

販売状況は分かりませんがご興味のある方は下記の北島国造館まで問い合わせしてみてください。

宗教法人・出雲教「北島国造館」

住所:島根県出雲市大社町杵築東194出雲大社 北島国造館内
電話番号:0853-53-2525
FAX:0853-53-4919
URL:http://www.izumokyou.or.jp/main.html

尚、北島国造館に関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社で御朱印をいただく時の混雑状況と待ち時間

出雲大社の御朱印は古来の伝統を重んじ簡素な御朱印になりますので、それほど待ち時間はないようです。

しかし正月期間中やゴールデンウィーク、神在祭の時などは多少待ち時間が発生するようです。

上記のような混雑時期で混雑が激しい場合は、状況によっては御朱印帳を一旦、預ける形になり先着順にお渡しになると思われます。

待ち時間はその時の状況により異なり一概に何分と言い切れませんが、神職さんの話では長くても10分から15分くらいともお話でした。

以上のことから、参拝時間に30分ほど余裕をみておくと良いと思います。

【補足】出雲大社の公式御朱印帳はどこで買えるの??

出雲大社へ参拝される予定の御朱印ガールの方で、朱印は神宮か出雲大社で始めたい!と考えている方も多いと思います。

しかし残念ながら島根県・出雲大社では公式御朱印帳を販売していません。・・と言いたいところなのですが、なんと!ここ最近になって境内の「神楽殿」と「拝殿前」の授与所で御朱印帳を取り扱っています。

値段は1200円で、御朱印の初穂料は別途、必要になります。

種類は2種類あり通販も可能とのことです。

ちなみに勢溜の鳥居前の神門通り商店街でも御朱印帳を販売しています。

もしくは通販で事前に購入するのであれば出雲大社の分社さんでもある「常陸国・出雲大社」でも御朱印帳を販売しています。

尚、出雲大社の御朱印帳の販売店や種類については当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

出雲大社の御朱印帳「値段(価格)・オススメ・人気・記念・限定品」一覧

出雲大社のオリジナル「御朱印帳」の通信販売店と実店舗・一覧

御朱印帳【八雲】の秘密と出雲大社の本殿「八雲之図」との関係と、「由来・歴史・意味」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ