個室付きなので1人旅で安心!寝台特急サンライズ出雲で出雲大社へ行けるおすすめツアーをご紹介!

スポンサードリンク

個室付きなので1人旅で安心!寝台特急サンライズ出雲で出雲大社へ行けるおすすめツアーをご紹介!

サンライズ出雲に確実に乗る方法として、旅行会社のツアーに参加するという選択肢があります。

宿泊や観光付きで、きっぷのみを購入するよりもかなりお得にサンライズ出雲の旅を体験できるので、ぜひ探してみてください。

以下では、東京方面発、サンライズ出雲利用で出雲大社へ行けるツアーの中から、特に人気・おすすめのツアーをご紹介します!

なお、ツアーは期間限定販売の場合が多く、時期により内容や料金は変更になる場合がありますので、詳細は各旅行代理店の店舗やホームページでご確認ください。

 【JRセットプラン】【往路「寝台特急サンライズ出雲(ノビノビ座席)」で行く!神々の国・出雲への旅!!】ひらたメイプルホテル ツイン(2名1室) 3日間

旅行会社

  • 近畿日本ツーリスト
    ※電話番号:03-6857-1002(近畿日本ツーリスト首都圏東京コールセンター)
    ※ホームページ:https://www.knt.co.jp/area/shutoken/
申し込み可能人数

  • 2名~
出発地

  • 東京駅
食事回数

  • 0回
宿泊

  • 1泊目:サンライズ出雲
  • 2泊目:ひらたメイプルホテル
料金

  • 30,800円~42,500円/1名(2名利用時)
セット内容

  • 往路サンライズ出雲(ノビノビ座席)
    ※東京駅・横浜駅→米子駅・松江駅・出雲市駅
  • 復路JR特急やくも号(普通車指定席)・新幹線のぞみ号(普通車指定席)
    ※ 出雲市駅・玉造温泉駅・松江駅・米子駅 →新横浜駅・品川駅・東京駅 
  • ホテル宿泊(1泊)
旅程

1日目:東京駅・横浜駅からサンライズ出雲に乗車

2日目:到着後自由行動

3日目:出発時間まで自由行動、特急やくも号・新幹線のぞみ号で新横浜駅・品川駅・東京駅へ

 【出雲大社と安芸の宮島の2大パワースポットへ】往路/サンライズ出雲■復路/広島から新幹線利用

※京王観光では、2019年10月現在、電車ツアーの取扱いを終了しています※

旅行会社

申し込み可能人数

  • 1名~
出発地

  • 東京駅・横浜駅
食事回数

  • 朝1回
宿泊

  • 1泊目:サンライズ出雲
  • 2泊目:ひらたメイプルホテル
  • 3泊目:ユニゾイン広島
料金

  • 41,700円~/1名(2名利用時)
セット内容

  • 往路サンライズ出雲(ノビノビ座席)
    ※東京駅、横浜駅→米子駅、安来駅、松江駅、出雲市駅
    ※追加料金で寝台個室各種に変更可能
  • 復路JR新幹線のぞみ号(普通指定席)
    ※広島駅→新横浜駅、品川駅、東京駅
  • ホテル宿泊(2泊)
旅程

1日目:東京駅または横浜駅からサンライズ出雲に乗車

2日目:米子駅、松江駅、出雲駅などで下車し、フリータイム。松江泊。

3日目:各自広島へ移動し、フリータイム。広島泊。

4日目:出発時間までフリータイム。新幹線のぞみ号で新横浜駅、品川駅、東京駅へ。

※京王観光では、2019年10月現在、電車ツアーの取扱いを終了しています※

 のんびり寝台列車の旅!往路:寝台特急「サンライズ出雲」利用/復路:東海道新幹線利用
山陰フリープラン 2泊5日

旅行会社

申し込み可能人数

  • 1名~
出発地

  • 東京駅、横浜駅
食事回数

  • 0回
宿泊

  • 1泊目:サンライズ出雲
  • 2泊目:ルートイン松江
  • 3泊目・4泊目:各自手配
料金

  • 39,900〜71,900円/1名(2名利用時)
セット内容

  • 往路サンライズ出雲(ノビノビ座席)
    ※東京駅、横浜駅→米子駅、松江駅、宍道駅、出雲市駅
    ※追加料金で寝台個室各種に変更可能
    ※米子駅以外で下車する場合は追加料金が必要
  • 復路JR特急やくも号(普通車指定席)・新幹線のぞみ号(普通車指定席)
    ※米子駅、松江駅、玉造温泉駅、宍道駅、出雲市駅→品川駅、東京駅
    ※米子駅以外は追加料金が必要
  • ホテル宿泊(1泊)
    ※追加料金でホテル変更可能
旅程

1日目:東京駅または横浜駅からサンライズ出雲に乗車

2日目:米子駅、松江駅、出雲駅などで下車し、フリータイム。松江泊。

3日目:フリータイム。宿泊地の手配は各自。

4日目:フリータイム。宿泊地の手配は各自。

5日目:出発までフリータイム。特急やくも号・新幹線のぞみ号で品川駅・東京駅へ

【補足】サンライズ出雲とは?

サンライズ出雲は、東京駅や横浜駅と島根県の出雲市駅を繋ぐ寝台特急列車です。

1998年7月に、それまで運行していた寝台特急「出雲」に代わる形で登場し、新たに東京駅・岡山駅間は「サンライズ瀬戸」と併結(異なる種類の車両を連結する)して運行し、岡山駅で切り離しを行うようになりました。

寝台は寝台料金のいらない「ノビノビ座席」を除き、寝台(客室)は全室が鍵のかかる個室で、住宅メーカーと共同開発したという室内は、コンパクトながら木のぬくもりが感じられる、シンプルで整った空間となっています。

下りの終着駅である出雲市駅から近い出雲大社が縁結びの神さまとして有名で、近年は女性のグループや一人旅の行先として人気を博しており、サンライズ出雲もその交通手段として大人気となっています。

寝台特急を利用するメリットは、例えば以下のような点にあります。

  • 夜行バスより快適
  • 夜に出発するので、仕事終わりでも間に合う
  • 寝ている間に目的地に到着できるので、日中の時間は観光に割り当てられる

ちなみに、「サンライズ出雲」および「サンライズ瀬戸」は、現在JR線を定期運行している、唯一の夜行列車・寝台列車となっているので、純粋に「夜行(寝台)列車で旅をしてみたい!」という方にも、サンライズ出雲はオススメと言えます。

サンライズ出雲に関しての関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ