出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方「車・バス・電車」での所要時間と距離について

スポンサードリンク

出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方「車・バス・電車」での所要時間と距離について

出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方「車・バス・電車」での所要時間と距離について色々な妖怪が登場して、妖怪の日常や妖怪から見える人間界を描いた「ゲゲゲの鬼太郎」のファンは多いと思います。

又、漫画を見ない人でも、2010年にNHK連続TV小説で放送されたドラマ「ゲゲゲの女房」では、作者の「水木しげる」氏のユニークな人柄も描かれ、好感を呼びました。

2014年2月には「水木しげるロード」の累計観光客数は2500万人を突破し、同年の年間観光客数は231万人を超えたそうです。

こんなに人気のあるところなら、出雲大社に参拝した後に立ち寄ってみたくなります。

では、出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へアクセスするにはどうしたらよいのでしょうか?

出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方【車の場合】

「水木しげるロード」は、「境港駅」から始まります。

したがって、出雲大社から水木しげるロードを目指す場合は、境港駅を目指す必要があります。

出雲大社から水木しげるロードを目指す場合、一般道と高速道路(山陰道)を利用する方法がありますが、所要時間はそんなに違いがありません。

また、距離的にも、境港駅まで斜め方向で直進できる一般道の方が、コストパフォーマンス的にも優れています。

したがって、一般道で目指すのが最善のアクセス方法と言えます。

以下に地図(Google MAP)と、簡単なアクセスルートをご紹介いたします。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 一般道路使用

ルート

出雲大社付近の駐車場

国道431号線

宍道湖の北側沿いに向かう

「大根島」を通過

JR境港駅


 出雲大社から境港駅までの所要時間:1時間30分

 出雲大社から境港駅までの距離:65km

 高速道路使用

出雲大社から水木しげるロードへは、「出雲IC」から「山陰自動車道」を利用して向かいます。

ルート

出雲大社駐車場

国道431号線

県道337号線

※山陰道等で宍道湖の南側を通過※

山陰自動車道・出雲IC

山陰自動車道・松江玉造IC

松江JCT
※宍道湖の南側から北上する※
松江道路
松江だんだん道路(無料)
県道260号線
県道338号線
県道246号線
県道47号線
JR境港駅

 

 出雲大社から水木しげるロードへの所要時間:1時間30分

 出雲大社から水木しげるロードへの距離:75km

 出雲大社から水木しげるロードへの高速道路料金:1060円

出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方【電車・バスの場合】

出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へのアクセス・行き方【電車・バスの場合】出雲大社から「水木しげるロード(ゲゲゲの鬼太郎)」へ、電車やバスで行く場合は、経路は色々ありますが、そのルートによって所要時間や料金が大きく違います。

電車やバスの公共交通機関を利用する場合は、車で行く場合に比べて、自由度の制約があり、又、所要時間は思っている以上に掛かります。

その中でも所要時間が比較的短く、料金が安いのは、一畑電車の「出雲大社前」駅から向かうルートです。

よって以下では、一畑電車で「出雲大社前駅」から「境港駅」まで、アクセスするルートをご紹介したいと思います。

一畑電車「出雲大社前駅」

一畑電車「川跡駅」(一畑電車北松江線・松江しんじ湖温泉行に乗換)

(乗換時間は2分程度。※直通の場合もあり)

「松江しんじ湖温泉駅」

ここまでの電車運賃:810円

「松江しんじ湖温泉駅」で電車を下車して、直行バスに乗り換えます。

(バス運賃は1000円です。バスの詳細は↓以下にてご紹介。)

「松江しんじ湖温泉駅」から「境港直行バス」に乗り換えます。

時間帯によって待ち時間は異なるため、バスの所要時間は違ってきます。

尚、この松江しんじ湖温泉駅からの「境港直行バス」は、同時刻に高速バスも運行していますが、料金もルートも同じです。

「一畑電車」+「境港直行バス」で境港駅へ向かう場合の「時刻の目安」と「所要時間の一覧表」

※2015年10月時点:平日の例

出雲大社前駅発 JR境港駅着   所要時間
7:59 10:06 2時間7分
9:32 12:16 2時間44分
10:17 12:56 2時間39分
12:21 14:31 2時間10分
13:16 15:31 2時間15分

【補足】鳥取県境港市の「水木しげるロード」について

【補足】鳥取県境港市の「水木しげるロード」について

鳥取県境港市の「水木しげるロード」を知っている人は多いと思います。

この「ゲゲゲの鬼太郎」水木しげるロードは、もともとは、「町おこし活動」をキッカケとして始めたものです。

1993年に妖怪の銅像23体の設置で「水木しげるロード」オープンしました。

初年度の年間観光客は2万人程度でしたが、翌年はその10倍を超え、2003年の水木しげる氏の誕生日には「水木しげる記念館」を開館しています。

その後、銅像の整備が進められ、2004年12月には「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に入選しています。

さらに、2007年に「ゲゲゲの鬼太郎」のテレビアニメシリーズ化等によって、年間観光客数は「鳥取砂丘」を上回りました。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ