【期間限定があった!】北島国造館の御朱印帳の種類・授与時間・初穂料(値段)など

スポンサードリンク

【期間限定があった!】北島国造館の御朱印帳の種類・授与時間・初穂料(値段)など

出雲大社は古来、北島家と千家家とが世襲で宮司(神主)を務めてきた歴史があり、現今に至ってもその世襲制で成り立っているという日本屈指の古社です。

現在は千家家が代々、出雲大社の宮司を世襲する様式になっていますが、北島家においては独自の「出雲教」という宗教組織を形成し、現在に至っても出雲大社内外に大きな影響力を保持しています。

その北島家の邸宅は国造館として神社にもなっており、内部に入って参拝したり庭園で休憩したりすることもできまする。

以下ではこの北島国造館の御朱印帳の種類や授与時間、初穂料(値段)と併せて、限定頒布される御朱印帳についてもご紹介していまする。

北島国造館の公式オリジナル御朱印帳

北島国造館で販売している御朱印帳は以下の2種類です。

二重亀甲剣花菱が連なったデザインの御朱印帳

北島国造館の亀甲紋(二重亀甲剣花菱)の神紋が散りばめられた御朱印帳になります。他に同様のデザインの赤色があります。

御朱印帳の値段:2000円
御朱印帳の大きさ(サイズ):たて16㎝×よこ11㎝

北島国造館の期間限定(神在月限定)御朱印帳

例年、10月1日頃〜神在祭の最後と神事となる「神等去出祭(からさでさい)」までの期間限定で授与される御朱印帳です。

公式オリジナル御朱印帳とデザインはほぼ同じですが、神在祭で日本各地の八百万の神々を先導してくるとされる「龍蛇さま」にちなんだ「龍」「蛇」の文字の亀甲紋が所々に散りばめられたデザインの御朱印帳になります。
色目からしても、まさに神在祭というイメージを連想させる御朱印帳ではないでしょうか。

御朱印帳の値段:2000円
御朱印帳の大きさ(サイズ):たて16㎝×よこ11㎝


スポンサードリンク -Sponsored Link-






北島国造館の御朱印の授与時間・定休日など

  • 授与時間:午前9時から16時まで
  • 定休日:基本年中無休(但し、結婚式や祭事のときは一時、授与中止もあり)

北島国造館の御朱印の授与場所

  • 授与場所:境内社務所

社務所は正門となる「大門」をくぐって左側に見えます。亀山会館という結婚式場の隣の建物です。

出雲大社から北島国造館への行き方

北島国造館は出雲大社の右側にあります。

出雲大社の右隣りとだけあって宝物殿(神こ殿)の右に見える東門を出て直進すれば、そのまま北島国造館の境内へ入ることができます。

北島国造館の場所

出雲大社・北島国造館のお問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間・URL)

※ご祈祷・神前結婚式のお問い合わせ先もコチラです。

  • 住所:島根県出雲市大社町杵築東194北島国造館
  • 電話番号:0853-53-2525
  • 営業時間:午前9時から16時まで
  • URL:http://www.izumokyou.or.jp/

北島国造館の関連記事一覧

北島国造館の由緒や境内見どころについては以下のページをご覧ください。

御朱印については下記ページを参照くださいな。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ